名づけ親

d0093486_11115679.jpg
           「はじめまして。おいら、昨日お風呂の中で生まれました!名前は・・・」

昨日、Neoの幼稚園でクリスマス会があった。
そこで園児たちはサンタさんからプレゼントを配られている。
プレゼントは予め決められた金額のものを母親が選んでラッピングし、園に預けておいたもの。

Neoへのプレゼントは、タマゴ型の入浴剤。
お風呂に入れると入浴剤が溶けて、中から怪獣が生まれてくるのだ。
幼稚園で包みを開けるときのワクワク・・・
そして、家に帰ってからも再びワクワク・・・
2度もワクワクできるなんてプレゼントにピッタリじゃない?と思って選んだものだ。

さて、幼稚園から帰って来たNeo。
「今日ねー、よーちえんのサンタさんが来たんだよ!」とちょっと興奮気味。
「何もらったの?」とわたしが聞くと「おふろにいれるやつ」と。
一応、入浴剤と分かっているらしい。
そして「今からおふろにはいる」とソワソワし始める。
気持ちはわかるけど・・・(笑)
昨日は幼稚園のお友達が遊びに来ていたので、とりあえず夕方まではおあずけとなった。

お友達を見送った後、待ちに待ったお風呂へ・・・。
お湯にタマゴをポトンと落とすといい香りの泡がシュワシュワと上がってくる。
わたしがお湯をかき混ぜようとすると「ゆらしちゃダメ!しずかにしてて!!!」と叱られた。
神妙な面持ちで誕生の瞬間を見守っているNeo。
お風呂の底のタマゴがどんどん小さくなっていき、そして・・・
フワッと小さな怪獣が浮き上がってきた。

「うまれた♡」Neoはそっと両手で怪獣をすくい大事そうに抱えた。

わたし: 「お名前つけてあげなきゃね」

Neo:  「せくたしたーしゅー、にする。」

わたし: 「ん???なにっって!?」

Neo:  「せ・く・た・し・たー・しゅ、だよ!」

わたし: 「なんでそんなややこしい名前なの?もっと呼びやすい名前にしなよ。フロとかさ」

お風呂で生まれたからフロ。適当に言ってみた名前は即却下されてしまった。

その後も巻き舌でやたら長い名前ばかり連発するNeo。
どうやら外国っぽい名前に憧れているのかもしれない。
それにしても「じゅげむじゅげむ・・・」じゃないんだから、ボブとかトムとか短い名前にしなよ~
とわたしは心の中で思った。

しばらくして「ねぇ、この子の名前なんだっけ?」と意地悪く聞いてみたところ、案の定Neoは忘れてしまっている。

わたし: 「ほらね~、難しい名前にするとわかんなくなっちゃうでしょ?」

Neo:  「じゃあ、ぱく○※△☆÷◇にする」

わたし: 「韓国人みたい(笑)」

Neo:  「かんこくじんってダレ?」

わたし: 「いいから、もっとNeoが呼びやすい名前にしたら?」

Neo:  「じゃあ~、ヒーターマーションにしよ」

わたし: 「なんでそんな長い名前なのよ?また忘れちゃうよ~」

Neo:  「わしゅれないもん。ヒーターマーション。あってるでしょ?」

わたし: 「じゃあ、好きにすれば」

昨夜Neoはヒーターマーションを大事そうに抱え、一緒に眠った。
本当に自分の子供のように思っているのかもしれない。

今朝、目を覚ました直後のNeoに「この子の名前なんだっけ?」と聞いてみた。
すると1~2秒考える仕草をした後「ヒーターマーションだよ」と。
お・・・覚えてる!?

朝ごはんを食べるときにはお皿の横にヒーターマーションを置き、幼稚園へ行く前には
「じゃあ、行って来るからね!ヒーターマーション・・・」と声をかけている。
そして「ママ、ねおがかえってくるまでヒーターマーションのことみててね」と念を押された。

と言うわけで、ただ今パソコンの脇にはヒーターマーションがちょこんと立ち、ただただNeoの帰りを待っている。

こんな小さなマスコットをここまで大切に扱うなんて、正直ビックリだ。
全てのオモチャがこんな風にNeoの目の前で誕生してくれたらいいのに・・・
なんて思わず考えてしまった。
[PR]
by cozy0924 | 2007-12-20 12:03 | neo

日々の出来事や趣味のインテリア&ハンドメイドのこと。


by cozy0924