<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0093486_23323681.jpg



「ねお~おはよ~。朝だよ~。もう起きる時間だよ~」

zzzzz.....

「ねお起きて。サンタさん、来たみたいよ~」


d0093486_233577.jpg




「サンタさん」の言葉に反応し、やっとこさ起き上がる・・・が。

「おめめが見えない~」
グリグリ目をこすり、次の瞬間プレゼント発見!



d0093486_23393242.jpg



飛びついたNeo、焦ってリボンを解こうとするあまり固結びしてしまう場面も(笑)


d0093486_2341124.jpg


サンタさんはNeoの願いどおり、カーズのスイスイおえかきをプレゼントしてくれた!
なのにこの表情。

何故なら・・・今日は終業式。

「あそびたい」

「今はダメだよ。幼稚園から帰ってきてからね!」

と言うわけ(笑)



d0093486_23432863.jpg
でも、どーーーーしても遊びたかったNeoは・・・

「じゃあ、急いで朝ごはん食べてお着替えもして、行く準備がぜ~んぶ済んで、それでもまだ時間があったらちょっとだけ遊んでもいいよ」という言葉に奮起。
全てを20分余りでやってのけ、約束どおり登園前にひと遊びすることができたのでした♪

いつも
「早く食べちゃいなさい」
「お顔は洗ったの?」
「遊んでないでさっさと着替えなさい」
とおしりを叩かれているNeo。

・・・やればできるんじゃん!
[PR]
by cozy0924 | 2008-12-25 23:54 | neo

あわただしいイヴ

1年の中で1番ウキウキするクリスマスイヴ。
なのに昨日はNeoもまだ幼稚園だし、午後4時からは歯医者さんの予約が入ってるし・・・
いつもみたいに落ち着いてクリスマスディナーの準備ができない。
いや、やろうと思えば午前中から頑張れたのだけど、なんとなく気分的にも乗らなかった。

・・・で、午後になってバタバタと慌ててケーキを焼いたりする。
その後、幼稚園のお迎えに行き、歯医者に連れて行き、ちょこっとお買い物をして・・・

帰ってきたらもう5時になっていた。
今年のクリスマスイヴはなんだか慌しい!!!

「ママ忙しいから、今日はNeoにもお手伝いしてもらいたいんだ~♪」
歯医者の帰りにNeoにお願いした。

d0093486_15234873.jpg





Neoの役割・・・それはケーキにクリームを塗ること。





d0093486_15293173.jpg

                                  上手にできました!
                                           
おかげで本当に助かった!
Neoがベタベタ(失礼!)ケーキの仕上げをしてくれている間に、私はバタバタと料理。
なんとかパパの帰宅に間に合った。

d0093486_2341292.jpg
【2008年クリスマスディナー】
☆ライスコロッケ
☆チキンレッグ(山賊風)
※味付き肉をオーブンで焼いただけ
☆グリーンサラダ
☆白菜とベーコンのクリームスープ
☆バナナシフォンケーキ

年々、手を抜いてってる感が無きにしも非ず・・・(汗)
でも、量的にはこれくらいがちょうどいいかな。
夫が「これ美味しい」といってライスコロッケを4つも食べてくれたのも嬉しかった。



今年、夫からクリスマスプレゼントにもらったのはLUSHの入浴剤&ソープセット。
早速、フワフワいい香りの泡風呂をNeoと一緒に楽しんだ。

わたしから夫へは、マネークリップ。夫が使ってたのはもうボロボロだったから。

慌しかったクリスマスイヴ・・・終わってしまえば今年も大満足の一日でした♪
[PR]
by cozy0924 | 2008-12-25 23:34 | cooking

歯医者さん

最近はすっかり更新もサボり気味。

12月に入っても年賀状作りや大掃除などやるべきことは沢山あるわけで・・・
でも、イマイチやる気が起きなくて・・・
日々ちょこちょこっとやるべきことに手を出しては、コタツでぬくぬく今まで録りためていたドラマを見る・・・なんていうなんとも冴えない毎日を送っている。

そんな半腑抜け状態なわたしに喝!を入れられるような出来事が昨日起こった。

d0093486_1149652.gif

午前11時半。
そろそろ録画したドラマでも見ようかな~なんて思っていた矢先、突然電話が鳴った。
電話の主はNeoの担任の先生。なんだかすごく焦っている様子。

「ちょっとわたしも現場にいなかったので状況が良く分からないんですけど、Neoくんがお友達とぶつかっちゃって・・・口に当たったらしくて上唇が腫れてて血もちょっと出てて・・・あと前歯が少しぐらぐらしてるんです。行きつけの歯医者さんとかありますか?」

歯がぐらぐらぁ~?!そりゃあ大変だ!

すぐに園まで迎えに行き、以前フッ素を塗ってもらった歯医者に向かった。
・・・が、こんな時に限って臨時休診。
仕方がないので、場所だけ知っていたもう一つの歯医者に行ったら「水曜定休日」の札。
途方に暮れてしまい、とりあえず一度家に帰ることにした。

とりあえずもう一度口の中の状態をちゃんと確かめようと、Neoに口を開けるよう指示。
控え目にあーんしたNeoの唇をめくって上の前歯を見ようと人差し指を差し出した途端、
「やだやだ!痛いから触んないで!!!」とNeoが口を押さえて泣き出した。

どうやら先に先生からぐらぐらと歯を揺らされたのが相当痛かったらしい。
さぁ、困った!

「じゃあとりあえず歯医者さんに行ってみてもらおうね。このまま放っといて歯が抜けちゃったら困るから」

「やだ。はいしゃさんでギィーってやるの、ねお、痛いからだいきらい!」

以前、わたしが歯の治療をするところをNeoに見せ、「虫歯になったらママみたいにギィーって削らなきゃいけなくなるんだよぉ~。いったいんだよぉ~」とかなり脅したことがある。
だから歯をちゃんと磨こうね、ってつもりだったのだけど・・・
脅しすぎも良くなかったな、と今更ながら後悔した。

ヤダ!と言っても連れて行かないわけには行かない。
友達が行っているという歯医者を紹介してもらい、午後から出向いた。

小児歯科もやっているというその歯医者。
嫌がるNeoを引きずるように連れて行くと、受付の女性が優しい笑顔で迎えてくれた。

程なくして名前が呼ばれ、治療室に入る。
治療台に座らされ、エプロンを着けてもらう。
明らかに緊張した面持ちのNeo・・・
すぐ隣の治療台からはNeoの恐れるギュィ~~ンという歯を削る音が聞こえる。

「こんにちは~」と現れた女性歯科医に向かって開口一番、
「ねお、ギィーってやるのがだいきらいなの」と訴えた。

「あはは、そっか~。やったことあるの?」と先生。
「スミマセン。私が治療するところを見せて脅したことがあるんです・・・」恐縮するわたし。

「そーいうことか(笑)でも、だいじょうぶだよ~。痛いことはしないからね~」

レントゲン写真が出来るまでの間、痛くて磨かせてくれなかった歯を専用の機械で優しく磨いてもらう。
歯石除去の為、キンキンに尖ったピックを取り出した女医さんに再びNeoが
「ねお、とんがったのは痛いからきらいなの」

すると先生、
「でも尖がってる方が痛くないって知ってた?お注射だって針が細い方が痛くなくて、太いと痛いんだよ?蚊に刺されたことある?痛くないでしょ?蚊の針はほそ~いから」

納得した様子のNeo。素直に歯石除去に応じる。痛がっている様子もない。
さすが小児歯科!お上手!!!

「はい、じゃあ一度うがいして~」と治療台を起こされる度に、小さなNeoの体はすべり台を滑るようにストンと座面に落ちる。だんだんそんなことを楽しむ余裕すら出てきたようで・・・

緊張がすっかりほぐれたNeoは今度は先生に向かって、お友達とぶつかってしまった経緯から、誰が血を拭いてくれたかまで・・・挙句には「今日、歯医者がんばったらママがガチャガチャ買ってくれるんだ~」なんてことまでペラペラとしゃべり始めた。
歯医者で喋ってたら、治療ができないじゃん!
もちろん、途中でストップをかけたが・・・まだまだ喋りたい様子だった(笑)

肝心の前歯だが、とりあえず折れたりひびが入ったりはしていないとのこと。ホッ。
ただ、神経が死んでしまっている場合、その歯はグレーっぽく変色してくるらしく・・・
それは今後の経過を見ていかないことには分からない、という説明だった。

まだあと2年近くは付き合うことになるであろう乳歯。
このまま白いままでいてくれたらいいんだけど・・・こればかりは祈るしかない。

一週間後の診察を予約してとりあえず終了。
Neoは「ありがとござました~♪」と上機嫌で歯医者を後にした。

わたしは・・・診察の際に何気なく言われた先生の言葉が気になった。
「歯垢っていうのは歯が乾いてると余計につきやすいんですよね~。
だからいつも口が開いてる子とか、よく喋る子っていうのは気をつけた方がいいです。」

間違いなくよく喋るNeo・・・虫歯にも気をつけなきゃ!!!
[PR]
by cozy0924 | 2008-12-18 12:01 | neo
土曜日は幼稚園のクリスマス発表会だった。
クリスマス発表会といえば・・・1年前の悪夢(笑)を忘れることができない。
あれ以来、幼稚園では「Neoくんといえば・・・」の代名詞としてあの発表会での出来事を語られ、去年同じクラスだったお母さんからは「今年も楽しみにしてるから~♪」と変なプレッシャーを与えられていた。

先週の発表会ほどじゃないけれど・・・やっぱりドキドキしてしまう。
先生は「お遊戯の練習もよく頑張っています」なんて言ってくれていたけれど・・・
だからって本番どうなるのか分からないのがNeoなのだ。

ま、もう何があっても驚かないけどね(笑)

最初はハーモニカと合唱。
d0093486_16531545.jpg

「ねお上手じゃないから吹くまねだけする~」
事前にそんなことを言っていたNeoに「上手に吹けなくてもいいから、ちゃんと音を鳴らしなさい。一生懸命やることが大事なんだから」と言い聞かせておいた。

ひとつひとつの音を鳴らす度にすぼめた唇をハーモニカから離し、ド・ミ・ソの部分に貼られたシールで鳴らすべき音を確認している。「そのまま口を横に滑らせた方がラクなのに・・・」と思ったが、それができない不器用さがいじらしくもあった。
吸う音の時に頭がグッと持ち上がってるところを見る限り、マネだけじゃなくちゃんと音を鳴らしている様子。
夏にはド・ミ・ソの3音しか鳴らせなかったのに、今はちゃんと「メリーさんのひつじ」のメロディが奏でられている。子供って日々新しいことを吸収してってるんだな・・・と改めて感動した。

かわいい振り付きで歌う「山口さんちのツトムくん」も、叫ぶだけだった年少の時に比べ、ずい分音程がしっかりしてきたように感じた。上出来!

次は・・・ドキドキのお遊戯。
d0093486_1751276.jpg

こちらも1年前のNeoの姿は何処へ?と思ってしまう程、しっかり踊ってくれた。
心配することなかったんだ。
Neoはわたしが思っているよりずっとしっかりしてきている。

今年の年少さんの中にもほとんど踊らなかったり、お辞儀する際に床に寝そべってしまったり・・・色んな子がいた。
他人の子のそんな姿はとても微笑ましくて可愛くて・・・
「そっか、Neoも去年はこんな風に見てもらえてたのか~」なんて、今更ながらホッとした。

来年の発表会では年長さんの出し物であるオペレッタを披露することになる。
セリフ、ちゃんと覚えられるのかしら?!
また新たな心配が浮上してきそうだけど・・・ま、今は考えるのはやめにしよう(笑)

過剰な心配は無駄になることもあるから・・・今回みたいにね!
[PR]
by cozy0924 | 2008-12-08 20:42 | neo

喪中はがき

気付けば師走・・・今年も年賀状作りの季節がやってきた。

少し前から我が家にもポツポツと喪中はがきが届いている。
今年はわたし宛のものも多く、友達の親御さんが亡くなっていたりしてショックを受けてしまう。

よく知っているわけではないけれど・・・
実際には結婚式などで1~2度しかお会いしたことない方たちばかりだけれど。

自分と同じ年代の人が肉親を亡くしているのだ。
とても他人事とは思えない。
嗚呼、自分もそんな年になったんだなぁ・・・なんてことをしみじみ感じてしまう。

今、家族が皆元気でいられるのはとても有難いことなのだ。
いつ何があるか分からない。
自分に何が起こるとも限らない。

今この時を大切にしなくちゃ!
つくづくそう思う今日この頃だ。
[PR]
by cozy0924 | 2008-12-05 22:53 | private

ドキドキの発表会

とうとうこの日が来てしまった。
HipHopの発表会。
この日のために5ヶ月間必死に頑張ってきた。親子ともに!

発表会前日、わたしはあまり眠れなかった。明らかに緊張していた。
ちゃんと踊れるか・・・という不安ももちろんあったのだけど、もうひとつ、それ以上に気がかりなことがあったのだ。
当日は、朝、子供をコーチに預けたら、そこから発表会前半が終了するまでは完全に保護者とは引き離される決まりになっていた。およそ5時間。
その間、子供たちはコーチと共にリハーサルを行い、予め持たせておいた昼食を食べ、他のチームの発表を参加者専用席から観覧し、出番が来たらステージに立つ。

まだ若干4歳、人一倍落ち着きのないNeo。
「フラフラして会場の中で迷子にならないかしら」「トイレは大丈夫だろうか」「食事中に衣装を汚さないかな」「他の子たちに迷惑かけなきゃいいけど・・・」
心配は尽きない。

当日になっても相変わらずいつもと変わらない様子のNeo。
逆にわたしの神経は、もうこれ以上ないくらいにピーンと張り詰めていた。

開演直前、幼稚園の担任の先生が現れた。
「Neoくんの発表会、何時からですか~?」と数日前聞かれていたのだけど、まさか本当に観に来てくれるとは思っておらず・・・心底驚いた。
Neoにも今すぐ知らせたい!でも、それができないもどかしさ・・・。

隣に座った先生と一緒に「なんかドキドキしますね~」と緊張を分け合った。

Neoの出番はプログラム12番目。
チーム紹介のアナウンスが流れ、照明が落とされた暗いステージの袖からスタスタ歩いてくる一つのちっちゃな影。その影が大きなステージの真ん中にポツンと立った・・・Neoだ。

「真ん中に立ったら絶対動いちゃダメ!曲が始まるまでポーズを取ってじっと待つの。そんなにフラフラくねくねしてたら、曲の出だしに間に合わなくなるんだよ。」
家での練習の時、毎日毎日、口がすっぱくなるほど言ってきた。
それでもおどけてみたり、おしりをクネクネさせてみたり・・・ため息の連続だった。

でも今、そのちっちゃな影は脚を広げて腕を組んだまま曲の始まりをジッと待っている。
「ねおくん頑張って~!」という客席からの声援にも微動だにしない。
そんなNeoの姿を見ていたら、心もとなくて切なくて涙が出そうになった。

がんばって!絶対うまく行くよ!
d0093486_1473838.jpg

曲が始まり、おいでおいで~と左右に手招きをする。
Neoの手拍子に合わせ、両脇から女の子ダンサーたちがステップを踏みながら入ってくる。

d0093486_14192996.jpg
思えば、発表会の練習が始まった当初はみんなの後ろに隠してもらうことになってたんだ。
ステージの上でこんなに堂々と音楽に合わせて体を弾ませるNeoの姿なんて、あの頃は全く想像もしていなかった。

d0093486_1419381.jpg

d0093486_14203537.jpg

大したもんだよ、Neo。

鳥肌が立った。今までで一番いい出来だと思った。



前半の部が終わり解散場所にNeoを迎えに行くと、肩にバッグを担いだNeoがチームメイトと一緒ににこやかに戻ってきた。朝引き渡した時よりも成長したように見えるのは気のせい?

「この何時間かでNeoは大人になりましたよ~。ちゃんと自分のことは自分でやってたし・・・ホントびっくりした!」とコーチ。

やっぱり!親元を離れると、たとえNeoでもしっかりするものなんだ・・・
色んな意味でいい経験をさせてもらえたね。
d0093486_20404461.jpg
           おつかれさま。すっっっごくカッコよかったよ!

さっきまで自立していたはずのNeoはわたしの顔を見ると「つかれた~。ママ抱っこして~」と急に甘えん坊になった。
気丈に振舞っていても、やっぱりまだ4歳なのだ。
わたしもそんなNeoが可愛くて可愛くて、思いっきり甘えさせてあげた。
[PR]
by cozy0924 | 2008-12-01 20:41 | neo

日々の出来事や趣味のインテリア&ハンドメイドのこと。


by cozy0924