<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

風太くん

レッサーパンダの風太くんに会ってきました~。

d0093486_2091065.jpg

テレビで見ていた風太くんの立ち姿!
実は高い位置に掲げられたエサ(りんご)を取るために必死なのです。
食事の時間以外はほとんど寝そべっていて動かなかった風太くん。
フワフワの毛に包まれたその姿は、まるでぬいぐるみのようでした。

d0093486_20132560.jpg

すぐ後ろには風太くんの像が・・・。
さすが有名人(人じゃないか)!
実物の方がずーーーっとかわいかったけどね。
それにこの風太くん像、ちょっと大きいと思いません?!
できれば実物大で作ってほしかったな・・・。
[PR]
by cozy0924 | 2008-08-31 22:26 | おでかけ&イベント

どらやき

d0093486_12222994.jpg


金曜日の夜といえば・・・のドラえもんを見終えたNeoが突然言った。

「ママ~、どらやき食べたい。ねぇ、どらやき作って!」

きた!
ドラえもんを見てどらやきが食べたくなる、その心理はわたしにも理解できる。
だってわたしも子供の頃、よくそう思うことがあったもの・・・。
ドラえもんのどらやき。ハイジの白パンにヤギのチーズ。
特別おいしそうに見えたもんなぁ~。

「うん、じゃあ今度一緒につくろっか!」

そう軽く受け流してみたのだけど・・・・

「やだ、今がいい。今たべたいの。ママお願い、どらやき作ってよ~」

えぇ~っ、いまぁ~?!め~んどくさ~~い。

そう思いつつ「そういえば、どらやきの皮ってどう作るんだろう」とふと疑問に思い調べてみた。
ふむふむ・・・一口にどらやきと言っても、作り方は様々だ。
レシピを見ているうちに、だんだん「作ってみよっかな」という気になってくる・・・。

作り方はレシピを参考にしつつ、手元にある材料でアレンジ。
ホットケーキミックスに白玉粉(レシピでは米粉となっていた)を混ぜ込む。
そうすることによってもちもち感が出るのだそう・・・。

フライパンでどらやきサイズの丸を焼く。
できれば1度に2枚くらい焼いてしまいたいところなのだけど、やっぱりフライパンのど真ん中で一枚一枚焼いたほうがキレイな丸になることに気付き・・・
すべてを焼き終えたのは夜の10時近かった。ふぅ~。

どらやきをほお張ったNeoは「うん、おいしい!コレ、ドラえもんが好きなやつだよね。Neoもどらやき好きなんだ~♪」と(Neoがどらやき好きだとは初耳だったが・・・笑)とても満足そう。

たくさん焼けたので、夫の実家への手土産用にラッピングする。
セロファンで包むと、一応それらしく・・・見えるかな?
[PR]
by cozy0924 | 2008-08-30 12:56 | cooking

再会

わたしにとっての初めてのママ友達、takatomoちゃん。
Neoがまだおなかの中にいた頃に母親学級で知り合い、家も近く出産予定日も全く一緒だったことからすぐに仲良しになった。

結局わたし達は2日違いで出産し、出産後もお互いの家を行き来してお茶を飲みながら慣れない育児のことを話したり、ベビーカーを並べてお買い物に行ったりしたものだ。
わたしにとって彼女が初めてのママ友達ならば、彼女の愛娘mikuちゃんはNeoにとって生まれてはじめてのお友達でもある。

そんなtakatomoちゃん一家の転勤が決まったのは、Neoたちが1才半を過ぎ、時々おもちゃの取り合いをしながらも、やっと少しずつ「一緒に遊ぶ」ということをし始めた矢先のことだった。
行き先は・・・なんと、ベルギー。滞在期間は5年。
うらやましいのと同時に、突然のお別れにとてもショックを受けたことを覚えている。

彼女たちと涙・涙のお別れをしてからもう2年半・・・
今回、夏休みを利用してtakatomoちゃん一家が実家のある静岡に帰ってくることになり「それはぜひ会おう!」ということになった。

待ち合わせ場所の横浜中華街で興奮気味に再会を果たす。
すぐに、2~3年もブランクがあったとは思えないくらい話を弾ませるわたし達。
その脇で子供たちは、照れてナカナカ近寄ろうとしない。
無理はない。
Neoやmikuちゃんは物心つく前にお別れしているので、お互いのことを覚えてはいないのだ。

    あの頃はまだこんなに小さかった・・・
d0093486_22213860.jpg


でも・・・確実にお互いを意識している様子はある(笑)
そんなよそよそしい二人を雨が見方してくれた。
d0093486_17192685.jpg

二人で傘を持ち、時々電信柱に引っかかりそうになるのを「きゃあ~ぶつかる~♪」と声をそろえて叫びながら歩く姿が微笑ましい。

そうしてやっと少し打ち解けたかな・・・と思った矢先、お別れの時間が来てしまった。
2年半前と同じパターン。楽しい時間は短いのだ。
「そろそろmikuちゃんとバイバイだよ」と言うわたしに、Neoは「そんなのってヤダ」と小さな小さな声で耳打ちした。せっかく仲良くなれたのに・・・と言ったところか。
でも、大丈夫だよ。また会えるから。

最後は握手とmikuちゃんからの投げキッスでお別れ。
今回はわたしも笑って「またね!」と言うことができた。
Neoたちが1年生になる頃、takatomoちゃん一家は駐在を終えて帰ってくる。
それまでは、また今までのようにメールやブログでお互いの近況を知ることができるし・・・
2年ちょっとなんて思ってる以上にあっという間だ。

それに、今度は子供たちもちゃーんとお互いのことを覚えているだろう。
次に会うときmikuちゃんがどんな女の子になってるか・・・とても楽しみだ。
[PR]
by cozy0924 | 2008-08-25 22:47 | private

夏休み終了♪

Neoの夏休みもとうとう今日でおしまいっ。
早かった!今年の夏休みもあっというまだった。

さて、夏休み最後の今日は・・・実家の家族と一緒にぶどう狩りへ。
d0093486_22231996.jpg


色んなところへ出かけて、たくさん遊んで、真っ黒に日焼けして・・・
とっても夏休みらしい夏休みだった。

いよいよ明日から2学期。
2学期は運動会やミニ発表会など、行事も盛りだくさんだ。
個人的にはダンスの発表会もあるしね。

楽しかった夏の思い出をエネルギーに変えて・・・Neo号 発進です!!!
[PR]
by cozy0924 | 2008-08-21 22:37 | neo

ケンカのあとは・・・

昨夜、些細なことで夫とケンカした。
きっかけは話すのもバカバカしい程くだらないこと。
なのに、ついつい感情的になって声を荒げてしまう大人気ないわたし・・・
対して夫は冷静にかつ理論的に攻撃してくる。いつもと同じように・・・
それがまた無性に腹立たしく、ケンカはどんどんエスカレート。

Neoにまで「もぉ~、ケンカしないの!」とたしなめられ、反省した。

反省したものの、素直に謝ることができないのもわたしの悪いところ。
子供にはいつも「ごめんなさい」を言わせてるというのに・・・。
つくづく自分のこの性格がイヤになる。わたしってホントにかわいくない女!

夫婦喧嘩は長引かせたくないので、今日の昼間、夫にごめんなさいメールを送った。

・・・夫からの返信はない。

「まだ怒ってるのかな・・・」
またまた自己嫌悪に陥る。

夜、夫が帰って来た。
「はい、これ。」と、すました顔でAfternoon Tea の小さな包みを差し出す。

d0093486_1381447.jpg
中身はコンパクトミラー。
こないだ江ノ島のお土産やさんで目に留まったコンパクトミラーを「買って♡」とおねだりした。
その時は結局買ってもらえなかったんだけど・・・覚えててくれてたんだ!
しかも、あの時のよりずっとかわいい♪


こういうことは実は今日が初めてではない。
ケンカした翌日、夫がプレゼントを買ってきてくれること。うちでは結構よくあるのだ。
それはケーキだったり、ちいさなアクセサリーだったり・・・その時によって違うのだけど。

まんまとモノに釣られて機嫌を直すわたしの性格を、夫は心得ているのかもしれない。
でも、実は・・・。
実はわたしはプレゼントをもらうことがうれしいのではない。
ウソ(笑)もちろんそれもうれしいのだけど・・・。
でも、それより何より「よかった。まだ愛想つかされてない」とホッとするのだ。

ケンカもたまには悪くない。小さなケンカなら。
仲直りするたびにそう思う。
夫は「勘弁してよ」って思ってるかもしれないけど・・・ね(笑)
[PR]
by cozy0924 | 2008-08-18 21:29 | private

水辺で涼を・・・


d0093486_1645866.jpg
幼稚園のお友達を誘って、家から車で数分のところにある水辺公園へ遊びに行った。
ここは、人工的に作られた小川で急流や増水の心配もないので安心して子供を放し飼い遊ばせることができる。
木陰があったり、ちょこっとお花が植えられてたり・・・雰囲気もナカナカよいのだ。

猛暑日・・・いやはや、ほんっとーに暑いっ!
あまりに暑いので「こんな日に外で遊ばせていいのだろうか・・・。熱射病にならないかしら?」と、友達を誘っておきながら出かけるのを躊躇したほどだ。

が、たとえ人工的とはいえ小川というだけのことはある。
おうちのビニールプールと違ってお水は常に冷たいし、水辺から吹いてくる風が涼しくて心地よい。

Neoは久しぶりに会う友達とお水の中でめいっぱい遊び、わたしは木陰でママ友とおしゃべり。
猛暑日ということを忘れてしまう数時間だった。

天気予報では「今日が暑さのピーク」と言っていた。
夏も少しずつ終わりに近づいている・・・のかな。
[PR]
by cozy0924 | 2008-08-15 16:49 | private

鎌倉旅行 ~2日目~

8月8日(金)

ホテルの朝食を済ませてから、歩いてすぐの由比ガ浜へ・・・。
d0093486_135377.jpg
                   砂遊びをしたり・・・

d0093486_15565330.jpg
                  海で泳いだり!

お水がニガテで、シャンプーの時も顔が濡れることをとても嫌がるNeo。
今年の夏はプールや海で楽しみながら水に慣れて欲しいな・・・と思っていた。
だから、大きな波がばっしゃーん!と来て頭から海水をかぶっても、慌てることなくキャハハハと楽しそうに笑うNeoを見て少し安心した。

さぁさぁ、12時のチェックアウトに間に合うように一旦ホテルに戻らなくちゃ!
ホテルでざっとシャワーを浴び、チェックアウト。

車はホテルに置いたまま、ガタンゴトンと江ノ電に揺られて江ノ島へ・・・。
「やだ~、あるきたくない~!くるまがいい~~~!!!」と駄々を捏ねていたNeoも、住宅の壁すれすれのところを走る江ノ電の車窓に徐々にテンションを上げていく。

d0093486_14131899.jpg
      江ノ島目指して、ひたすら真ん中の白いラインを辿ってゆく・・・の図。

あんなに「歩きたくない」と愚図っていたNeoも、江ノ島に着くと「あそこのてっぺん(展望塔)まで行く!」と大張り切り。
いつ「もう歩けない・・・」と言い出すかと見守っていたのだけど(事実わたし自身もかなり歩き疲れていて、Neoが音を上げたら引き返してもいいと内心ちょっぴり思っていた。笑)、坂道も階段もヨイショヨイショと頑張って無事に展望塔へも上ることができた。

d0093486_14234852.jpg
てっぺんに吹く風の気持ちいいこと!
頑張って上った甲斐があった・・・。汗がすぅーっと引っ込んだ。

d0093486_14233290.jpg

実はわたしも江ノ島に行くのは初めてだったのだけど、猫ちゃんの多さにはびっくり!
Neoは途中から猫を見かける度に「いち、にぃ・・・」と数えていき、最後は11か12くらいまでになっていたような。
最初から数えてたらもう少したくさんいた事になるのかな・・・。
あまりの暑さにさすがの猫ちゃんもみんなダラーンと横たわっていたのが印象的だった(笑)

そんな感じでとっても充実した2日間の鎌倉旅行。
帰りの車の中でNeoは2時間以上ただひたすら眠っていた。
いっぱい歩いて、いっぱい遊んだもんね。
今回の旅行のためにわざわざレンタルした懐かしいサザンのベストアルバムを聞きながら、
かわいいNeoの寝顔を眺める。また少し日焼けしたかな。

この夏の家族旅行、鎌倉にして正解だった!

d0093486_1455616.gif

さあ、夏休みも残り2週間足らず!
そろそろ幼稚園のお友達が恋しくなる頃かな・・・。
みんなを誘って遊びに行こうか。
[PR]
by cozy0924 | 2008-08-11 14:47 | おでかけ&イベント

鎌倉旅行 ~1日目~

8月7日(木)

夫の短い夏休みが始まった。
福島旅行の興奮も冷め遣らぬまま、今度は一泊二日の家族旅行。
今年はわたしのリクエストで鎌倉方面へ。

まず最初に訪れたのは・・・赤レンガ倉庫!
d0093486_23275934.jpg

行ったことはなかったけれど、なんとなく外国っぽくていいなぁ・・・と思っていた。
ただ、ただの『倉庫』なんだとずっと思っていた。だからわたしには無縁だ、と。
その中にお店が並んでいて一般人も入れると知ってからは、赤レンガ倉庫=いつか行ってみたい場所のひとつになった。
その願いが今回、叶った。というより叶えてもらった。

ここでは一度行ってみたいと思っていたインテリアショップでお買い物♪
d0093486_23384312.jpg


←壁にかけた窓型ミラーと右端の小引き出し、どちらも1000円!

ほとんどのものが1000円ピッタリというこのお店。
あれもこれも・・・欲しいものだらけで迷ったけれど、お財布の中身と自宅の飾る場所をよーくよーく考えて選んだ。

いいお買い物ができると、テンションもあがる。




お買い物のあとはアイスクリームで火照った体をクールダウン。
ちょうどご当地アイスフェアのようなものが開かれていて、普段お目にかかれない珍しいアイスをいただくことができた。
夫は2個目に食べたとうもろこしアイスに軽い胸焼けを起こしていたけれど(笑)

次に向かったのは・・・横浜ベイサイドマリーナ。アウトレットパークだ。
なんだかお買い物ツアーみたいだけど・・・まぁ、その場の成り行きだ。

ここで一番楽しんだのは、紛れもなくNeoだった。
中央の噴水広場で、最初は遠慮がちにお水の周りを走り回っていたはずなのに・・・
d0093486_23541185.jpg

いつの間にか、どーでもよくなって(?)全身ずぶ濡れに!

わたし達も特にこれと言って欲しいものがあったわけではないので、交代でざっとお店を見て回った後は、知らない子供たちと一緒にキャーキャーはしゃぐNeoをベンチに座って眺めていた。見ているこっちまで楽しくなってしまう風景。
子供はいいなぁ・・・後先考えずに行動できて(笑)

ここがアウトレットで良かった。
わたしは慌ててNeoの着替えを買いに走り、噴水で汗を流して妙にさっぱりした顔のNeoを新しい服に着替えさせ、この場を後にしたのだった。

夕暮れ時、宿泊先の鎌倉パークホテルにチェックイン。
それから散歩がてら外に出て、海岸通り沿いのカフェバーで夕食。
海風がとっても心地よかった。
d0093486_095748.jpg


こうして一日目はあっという間に過ぎた。

二日目のお話は・・・また次回!
[PR]
by cozy0924 | 2008-08-10 00:29 | おでかけ&イベント

10数年ぶり!

高校時代からの付き合いで、唯一今も連絡を取り合っているTという男友達がいる。
異性なのに恋愛感情を抱いたことは1度もなく、だからまぁ、お互い結婚した今でも家族ぐるみで仲良くできるのだと思うのだけど・・・大切な友達の1人だ。

Tの親戚が毎年主催している旅行会がある。
観光バスを借り切って親戚一同+αの何十名で出かけるのだけど、今回10数年ぶりに参加することになった。
残念ながら夫はどうしても仕事が休めなかったので、Neoと親子二人での参加。
Tの親戚と顔を合わせるのも10年ぶりで、わたしとしては旅行そのものよりもそちらの方が実は楽しみだった。

日曜日の朝、集合場所まで夫に送ってもらう。
行き先は・・・えっ、福島?!?!
Tってば「長野県の温泉旅館だ」って電話で言ってたよね???
カレンダーにもしっかり旅館の名前、書いてあるんだけど・・・

「そうだっけ?まぁ、オレだからな・・・当てにすんな、ってことだな(笑)」とT。

そんな感じで始まったミステリーツアー(笑)
Neoは早速他の子供たちと仲良くなり・・・

d0093486_1855548.jpg
どこへ行っても「ねお~、手つなご~」というわたしを無視して、Tの息子のSくんにべったり。
親離れの瞬間を目の当たりにした気がした(涙)


d0093486_1911154.jpgd0093486_1912176.jpg
前回参加した時にはとってもかわいいヨチヨチ歩きの赤ちゃんだった子が今では面倒見の良い中学生のお兄ちゃんに!旅館内のプールでNeoの遊び相手をしてくれた。
他にも当時小学生だった子がカッコいい青年になって彼女を連れて来ていたり、よく遊んであげてた女の子がもうママになってたり・・・月日の流れをまざまざと感じさせられた。


d0093486_19454756.jpg
夜の宴会ではカラオケをしたり、子供たちが部屋中をぐるぐる走り回って遊んだり・・・それはもうにぎやか!


d0093486_19514388.jpg
翌日は桃狩り。
もぎたての桃は甘くて、でもしっかり硬めの実で正にわたし好み♡
Neoと二人で4個をぺろりと平らげた。

今回総勢28名のうち、+αとしての参加はなんとわたしとNeoともう1人(Tの従弟の彼女)だけだった。つまり、あとの25名はみんな親戚同士!
でも「Yちゃん(わたし)は身内みたいなものだから」と、みんながNeoのことも他の子供たちと全く同じように扱ってくれたのでわたしも+αとしての気負いを感じることなく、心から楽しませてもらうことができた。Neoは今回、わたし以上に楽しんでいたように思う。
それが何よりうれしかった。

「来年は絶対旦那も一緒に・・・な!」
別れ際、おじさん達が口々に言って下さった。

今回も仕事が休めないと分かった時「Neoと二人で行ってくれば?」と快く参加を許してくれ、集合場所では親戚のおじさんに「宜しくお願いします」と挨拶までしてくれた夫。
次はそんな理解ある夫も一緒に参加できたらいいな・・・わたしもそう思っている。
[PR]
by cozy0924 | 2008-08-05 20:48 | private

崖の上のポニョ

映画の日(今はファーストデイって言うのね)の今日・・・行って来ました、ポニョ!

♪ポーニョポーニョポニョ さかなのこ~♪
一度聞いたら耳から離れないこの歌をNeoが口ずさむようになった時から「今年の夏休みの映画はポニョ」と決めていた。

まだ公開されて間もないので、その内容には触れないでおくけれど・・・
とにかく癒された!の一言に尽きる。

全く定規を使わずに描いたと思われるやわらか~い線。
色鉛筆で描いた風景画のような優しく淡い色合い。
主人公・ポニョや、ポニョが恋する男の子・宗介の愛くるしさ。

その全てにほんわかした気持ちになれる映画だった。

Neoも充分楽しめたようで、ポニョのコミカルな動きに声を出して笑っていた。
後半映写機から延びる光を見つけてからは、うしろを振り返ってばかりいたけれど(笑)
最後は映画に合わせてしっかり歌っていた。
Neoだけじゃなく、会場の子供はみんな歌ってたんじゃないかな・・・その気持ち、わかる!

映画を観るまでは「声はかわいいけど見た目は・・・正直あんまり?」なんて思っていたポニョが今では心からかわいいと思える。
帰り際、映画館で売っていたポニョの小さなぬいぐるみを思わず手に取ってしまったほどだ(笑)
買いはしなかったけれど・・・

♪ポーニョポーニョポニョ さかなのこ~♪
わたしの頭の中では今もこの歌がエンドレスで流れている。
[PR]
by cozy0924 | 2008-08-01 23:20 | private

日々の出来事や趣味のインテリア&ハンドメイドのこと。


by cozy0924