<   2007年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

お買い物

d0093486_21175791.jpg


先週末はお祭りに行ったりしてはしゃいでいたかと思ったら、翌日高熱を出してけいれんを起こしてしまったNeoです。おかげさまでたいしたことはなかったのですが。
子供って突然熱を出すからコワイ・・・



Neoが幼稚園に行き始めて何がうれしかったかって、それは「スーパーでのお買い物がひとりでイライラせずにできること」だった。
それまでは二人でお買い物に行くと、カートに乗ることを頑なに拒否し「お店の中ではママと手をつないで歩くんだよ」という約束も無視、店内を勝手にチョロチョロ走り回るNeoを追い掛け回して買い物どころではなく、「もう知らないっ!勝手にしなさい!!」と追い掛け回すのをやめてみたら即迷子。
店内を探し回ってやっと見つけたと思ったら「ママ、どこいってたの~?ねお、さがしちゃったよ~」と、まるでわたしが勝手にどこかへ行っちゃったかのようなことを平然と口にする。
こんな調子だからお買い物中わたしは常にイライライライラ・・・、あまりに勝手が過ぎる時には途中でお買い物を止めて帰ることもあった。

さて、夏休み。当然、お買い物にはNeoも連れて行かなくてはならない。少し憂鬱だった。

ところが・・・。
先週、お買い物に連れて行った時は、自分から「ちゃんとおててちゅながないとダメなんだよねぇ?」と言って大人しくわたしに付いて店内を回ってくれた。
めずらしくいい子だったから、ごほうびに好きなお菓子をひとつだけ買ってあげた。

そして今日。今日は玉子の特売日。
「お1人様1パック限り」だったから、ここはぜひともNeoに協力してもらいたいところ。
先週行ったスーパーよりも広いところだったからいなくなられては困る!と思い、お店に入る時に「ねお、ガラガラ(カート)に乗ってくれる?」と聞いてみた。すると「うん、のる♪」と快諾。
おかげで玉子売り場までスムーズに行くことができ無事に2パックかごに収めることができた。
その後もカートに乗ったNeoと「あ、さんまが安いよ!ねおの分も買おーね」「あっ、ママみて!ぜ~んぶみどりの(縞々がない)しゅいかだよ」なんて会話をしながら楽しくお買い物をすることができた。

最後にお隣の100円ショップへ。
スーパーではガチャガチャをガマンさせてしまったから・・・と、ここで「好きなものひとつだけ買ってあげる」と言い自由に店内を回らせた。
まずお菓子売り場へ行き持って来たものはゼリービーンズ。
「これが欲しいの?」「うん、これがいい」
ゼリービーンズをかごに入れ、わたしは再び買い物を続ける。
するとNeoが今度は車のオモチャを持って来た。「やっぱりこれがいい」
「じゃあ、こっち(ゼリービーンズ)は返してきて」「はーい」
その後もいくつかのオモチャを持って来たものの「ひとつだけ」という約束を伝えると、「はーい」と素直に売り場に戻しに行くのだった。

この間はたまたまだと思っていたけど・・・やっぱりこの3ヶ月で成長したんだなぁ、と今日改めて感じた。
こんな感じなら夏休み中のお買い物もストレスにならずに済みそうだ。
「好きなものひとつだけ」の出費くらいはガマンしよう。
[PR]
by cozy0924 | 2007-07-31 21:30 | neo

貧乏症のお取り寄せ

d0093486_18444497.jpg

数週間前、お友達のおうちに遊びに行った時にごちそうになった【ごっくん馬路村】
甘酸っぱくてさわやかで・・・「コレおいしいね~」「夏にぴったりだね~」と話題になった。
その日の夜、その場にいた別の友達が早速「お取り寄せするんだけど、良かったら一緒にどう?」と声をかけてくれたので思わず1ケースお願いしてしまった。
1ケース24本入りで2520円。
日ごろ1パック98円の玉子を求めて奮闘しているわたしにとって、ジュースに費やすこの金額はまさしく「奮発」である。

届いたジュースは冷蔵庫の高い位置(Neoの目につかないよう)に保管。
汗をびっしょりかいたNeoが喉をゴクゴク鳴らして美味しそうに飲む・・・横で、わたしもゴクゴク行きたいところをグッとガマン、氷をたくさん入れたグラスにNeoから分けてもらった1/3の量を注いで嵩増しし、チビチビ飲んでいる(笑)
自分でも「何とまぁみみっちい・・・」と思ってしまう。

チビチビ飲んでいても空き瓶は日々増えてくわけで・・・。
そのまま捨てるには惜しい形なので、ちょっと遊んでみたりする。

d0093486_1921316.jpgd0093486_1924368.jpgd0093486_1963064.jpg

ここまでやって、やっと、まぁ、奮発しちゃった甲斐もあったかな・・・と納得できる。
どこまでも「みみっちい」のである。

ちなみに友達2人はそれぞれ4ケースずつ取り寄せたそうだ。
ほぉ~、みんな太っ腹だなぁ。。。

根っから貧乏症のわたし・・・やっぱり「お取り寄せ」なんて洒落たことには向いていないらしい。
[PR]
by cozy0924 | 2007-07-26 19:36
d0093486_21534554.jpg

寝転がってテレビを見ているNeoに「もう少し離れて見ないと目が悪くなっちゃうよ」と注意しようとして・・・手に何かオレンジ色のものが握られていることに気付きました。

「ねお、それなに?なに持ってんの?」

d0093486_21563684.jpg

「トマトだよ♪しゃっきみちゅけたんだよ。あかくなってる!っておもってしゃあ・・・」

春から大事に育ててきたプチトマト
赤く色づいたトマトの第一発見者は、持ち主であるNeoでした。
見た感じ「あともう少し!」って感じの色だったのだけど・・・収穫済みでは、もうどうしようもありません(笑)

「せっかくだから食べてみたら?まだ、すっぱいかもしれないけど・・・」

d0093486_2245081.jpg

恐る恐る半分かじって・・・「んっ、おいしいっ!ママ、これおいしいよ」
そして残りの半分をわたしにくれました。
お店に売ってるものより歯ごたえがあって、決して「甘い」とは言えない味でしたが・・・
自分たちで育てたプチトマトは確かにとても美味しく感じました。
[PR]
by cozy0924 | 2007-07-25 22:16 | neo

水あそび

d0093486_23341723.jpg
       水遊びは、1人でするよりやっぱりお友達と一緒の方が断然楽しい!

久しぶりに「日差しが暑い!」と感じた今日は、絶好のプール日和。
午後からお友達のみつきちゃんのおうちでプール遊びをさせてもらった。

この後、冷えた身体をお風呂(とってもいい香りのバブルバス)で温める・・・だけのつもりが、
またもやそこで水遊びの続きを始めた二人。ナカナカお風呂場から出てこなかった。

水遊びが楽しい季節になってきた。梅雨明けが待ち遠しい。
[PR]
by cozy0924 | 2007-07-24 23:59 | neo

目指せ!韓国ビジン!?

d0093486_11124986.jpg

昨夜、夫が3泊4日の韓国旅行から帰宅した。
シンガポールの次は韓国。
先週の木曜日、ちょっとうらやましいのと悔しいのと・・・フクザツな気持ちで夫が荷造りをしているのを横目で見ていた。
そんなわたしの心の内を読まれたのか「向こうは化粧品とかも安いらしいから、欲しいもの紙に書いといて」夫がポツリと言ってくれた。

待ってました、その言葉!!!
その場でパソコンを開いて『韓国コスメ』を検索。
アイテムと色番号をずらずらとリストアップして「宜しくお願いします」と夫に渡し、翌朝は気持ちよーく送り出すことができた。(ゲンキンな妻)

そして、待ちに待った夫の(韓国コスメの?)帰国♪
お願いしていたもの以外にも、パック剤などをどっさりと。
リストを持ってショップで一生懸命化粧品を探す夫の姿を想像して、ちょっと可笑しく、でもとってもうれしい気持ちになった。

夫の気持ちを無駄にしないためにも、せっせとパックしてメイクして・・・キレイな妻にならなくては!
[PR]
by cozy0924 | 2007-07-24 11:17 | private

思いがけず

d0093486_23274749.jpg

夏休み。日ごろナカナカ会うことができない友達にもこの機会に会いたいと思っている。
春に引っ越してしまったAyaちゃん親子もその1人。
今朝、「夏休み中に遊びましょ」とメールしようと思っていた・・・矢先、Ayaちゃんママからメールが届いた。

「あ、わたしとおんなじこと考えてたのかな?」と思いながらメールを開いてビックリ!
そこには「突然だけど、今日うちにいる?」と書かれていたのだ。
なんでも去年の夏に関西へ引っ越してしまったKちゃん親子が遊びに来ているので、せっかくだからちょっとでも会えたら・・・と思ってくれたらしい。
思いがけないメールに飛び上がって喜んでしまった。
すぐに「今日は何にも予定ないから、遊びに来て!」と返信し、近くに住むNaoちゃんママにも声をかけた。

午後も遅い時間、数ヶ月ぶりに懐かしい顔ぶれが揃った。
たった数ヶ月のブランクもこの年齢の子供たちにとっては意外と大きいようで、親同士が「久しぶり~!!!」と再会を喜び合う横で、子供たちはどこかよそよそしい雰囲気。
でも、そこはやっぱり子供・・・再会を喜び合うことはなくても、お互い打ち解けるまでにそんなに時間はかからなかった。
懐かしい顔ぶれ・・・だけど、明らかにみんなグーンと成長している。
おしゃべりが上手になった今、オモチャの携帯でおしゃべりごっこを楽しんだり、「かーしーて」「いーいーよ」と譲り合う姿があったり・・・やっぱり幼稚園に行き始めてから、遊び方も上手になったように感じた。

そんな子供たちの成長を喜びながらの親たちのおしゃべりも尽きず・・・結局、夕ごはんも一緒に。ワイワイガヤガヤにぎやかな食卓。
子供たちも「おいしーね!」「うん、おいしーね!」と、ちょっと棒読みにも聞こえる言葉を交わしたりしている。そんな様子にまたもや頬がゆるむ。

思いがけず遊びに来てくれた友達のおかげで、今日はとっても楽しい一日になった。
そして思いがけず・・・この夏休み、もしかしたら大阪に遊びに行くことになるかもしれない。
別れが名残惜しくて「今度は大阪のKちゃんのおうちへ遊びに行こう!」という話で盛り上がってしまったのだ。

夏休みは始まったばかり。なんだかワクワクしてきた。
[PR]
by cozy0924 | 2007-07-23 23:26 | private

1学期終了!

今日で1学期もおしまい。Neoにとって、初めての夏休みがはじまる・・・。

4月に入園して早3ヶ月。ホントにあっという間だったな~。

入園して間もない頃、急に「ようちえんいかない!」って言い出したこともあったっけ・・・。
お漏らしをして幼稚園から借りたぶかぶかのパンツをはいて帰って来ることも、いつの間にかなくなった。
いつの間にか自分で靴が履けるようになって(まだ左右逆のことが多いけど 笑)、いつの間にか自分でお着替えできるようにもなっていた。
歌もたくさん覚えたし、お顔の絵も描けるようになった。
「おはようございます」「いただきます」「ごちそうさまでした」が大きな声で言えるようになった。
身長は約2センチも伸びた。(まだまだ小さい方だけどね)

この3ヶ月間でずい分成長したんだなぁ、と改めて嬉しくなる。

幼稚園からの「成長の記録」という通信簿みたいなものには、こんなことが書かれていた。

「早くに園生活に慣れ、元気に登園してくれていました。保育者に親しみを持って会話を楽しみ、他の子と積極的に関わる姿が見られました。製作などでは自力で作り上げる楽しさを知ったようでした。」

さぁ、この成長がここで止まってしまわないように、夏休み中もNeoに色んな経験をさせてあげなきゃ!!



d0093486_16272140.jpg 





     明日から一ヶ月間・・・





d0093486_1627477.jpg 







    ママの「自分の時間」はおあずけだよ~っ♪
[PR]
by cozy0924 | 2007-07-20 17:00 | neo
7月14日(土)
最終日。
とりあえずお土産も買ったし、行きたいところへも行けたし・・・もう思い残すことはない!
ホテルのチェックアウトを済ませてそのままフロントに荷物を預け、タクシーでオーチャードロード(シンガポールのメインストリート)へ繰り出した。

d0093486_9454791.jpg


「シンガポールはとてもキレイなところ」だと聞いていた。
「ゴミのポイ捨ては即罰金」とか「道端でガムを噛んでもいけない」とも・・・。
うん、確かに。
確かに地下鉄の駅の構内も、公衆トイレも、清潔に保たれていてイヤな思いをすることは1度もなかった。ガムも売っていない。乗り物での飲食は固く禁じられていることも事実。
でも・・・実際のところ道端にはゴミもちらほら落ちていたりする。
ゴミひとつ落ちていない、ディズニーランドのような地面を想像していたわたしとしては「なんだぁ~、ゴミ落ちてるんじゃん!」とちょっと拍子抜けしたような、ホッとしたような・・・という感じだった。

さてさて、有名なオーチャードロード。
シンガポールの予備知識がなかったわたしは、その名前(Orchard=果樹園)から勝手にゆった~りした並木道みたいなものを想像していた。
渡航前にガイドブックを見て「あ~、一応お店とかもあるんだ~」とは思っていたものの・・・実際のオーチャードロードはわたしの想像をはるかに超えていた。
そこは活気に満ち溢れた繁華街。ブランドショップやデパートなどがひしめきあっている。
大勢の人が絶えず行き交うこの通り。
でも日本の繁華街と違って歩道が広いためか、ごみごみした感じがなく比較的のんびりと散策を楽しめた。ちょろちょろくねくね走り回るNeoにイライラすることもなく・・・(笑)

初日にもらっていたミールクーポンが半分以上余っていたので、フードコートでお昼ごはん。
夫は夜中にわざわざ買出しに行った「有名な」チキンライスと食べ比べるために、再びチキンライス。
わたしは、Prawn Noodleというエビ入りの麺を注文してみた。

d0093486_10134056.jpgコレが大正解!
麺はモチモチしているし、スープの味も日本人好み。でもラーメンとはまた違っていて・・・やっぱりアジアンフードと言った感じ。
Neoもとっても気に入ったようで、追加でもう一杯頼んでしまったほど。
今回の旅行中に食べたものの中では、No.1の美味しさだった。


〆はやっぱりアジアンスイーツ♪ということで、夫が選んできてくれたものがコチラ↓

d0093486_10212545.jpg名前は忘れちゃったけど・・・タピオカがギュッとプリンのように固められ(最初はお米かと思った)、周りにかき氷がシャリシャリと・・・そして、ココナッツミルクと黒蜜のような甘い蜜がかけられている。
最初、一口食べて「オエッ!」となった。
だいたいわたしはココナッツミルクがあまり得意ではない。
でも・・・もう一口食べてみようかな・・・あと一口・・・あ、まだ食べれそう・・・意外と美味しいじゃん、コレ!と徐々にその味にハマっていく。不思議なデザートだ。
ちなみにNeoは一口食べただけで「これおいしくなーい!」と拒否。
夫と二人でタピオカの山をせっせと突っついたものの、結局完食には至らなかった。
アジアンスイーツは量も多い。

そんな感じでわたし達のひと足早い夏休みは、たくさんの楽しい思い出とちょっぴりの疲れを残し、とうとう終わってしまった。
22時40分の便でシンガポールに別れを告げ空へ・・・。
Neoはさすがにどっと疲れが出たのか、すぐに深い眠りについた。そしてわたしも・・・。
ふと目を覚ますと飛行機はもう日本の上空を飛んでいた。
d0093486_10403117.jpg

「わぁ~、キレイ!」思わずカメラを取り出した。
まさか関東に台風が接近していたとは・・・この時、全く知らないわたしであった。

P.S. 夫の両親が空港に迎えに来てくれていたので、おうちまでは無事に帰れましたとさ♪


d0093486_1140555.gif

◇番外編◇

今回の旅行に持って行き、とっても役に立ったものをご紹介いたします。

d0093486_11422712.jpg←コレ、何かわかりますか?
オモチャのバケツです。
海外のホテル、しかも格安旅行。
わたしの予想通り、バスルームのシャワーは壁の高~い位置に固定されたものでした。
わたし達大人でさえ使いづらいこのシャワー。Neoにはもっと使えません。
そこで、このバケツが大活躍するわけです。
もうお分かりですね?洗面器代わりに使用するのです。
バスタブにお湯を張ってちゃぷちゃぷ遊ばせながら、頭をジャーッ、身体をジャーッ。
このちっちゃなバケツのおかげで、Neoも快適にバスタイムを過ごすことができたのでした。チャンチャン♪
[PR]
by cozy0924 | 2007-07-19 11:54 | おでかけ&イベント
7月13日(金)
終日自由行動の日。
時間に追われることもなく比較的ゆっくりと朝食を済ませてから、リトルインディア(インド人街)にあるムスタファセンターというショッピングセンターへお土産を買いに出かけた。

シンガポールに来て正直に思ったこと。
そ~んなに何もかもが安いわけではないな・・・という事。
それもそのはず、アジアの中では物価は高い方なのだそうだ。
日本から輸入されたらしい見慣れた商品もたくさん並べられていて、そのどれもが日本よりも若干高めの価格設定。輸入品だからそれも仕方ないのか・・・。

と、いうわけでお買い物は必然的にお手頃でちょっとめずらしい食品群に集中した。
かわいらしいカタチのチョコレートやマンゴーゼリーミックス、ドライフルーツにアジアの乾麺、それからわたしが思わず飛びついてしまったのは・・・

d0093486_11494497.jpg食紅!
クッキーやパンを焼くたびに「あったらいいな~」と思いつつ、なんとなくもったいない気もして買っていなかった。
それが、ここでは1本たったの1ドル20セント・・・100円ほどで買えてしまうのだ!
迷わずの4色を買い物かごへ・・・。
ついでにバニラフレーバーとアーモンドフレーバーも♪

さすがインド人街、色~んな香辛料が安く売られていたのだけど、それらを何に使ったらいいのかが分からず・・・結局お菓子やパンに使えそうな材料を買い込むだけにとどまってしまった。
もっとお料理の勉強をしておくべきだった!と少し後悔。


それからホテルで食べる用の南国フルーツと1.5ℓのお水なんかを買っていたら・・・あっという間に重たい袋が4~5つになってしまった。
本当はここから中心部へ出るつもりだったのだけど、急遽予定変更、一旦荷物を置きにホテルへ戻ることに・・・。

ホテルの部屋でしばし休憩をとりながら午後の予定を練り直し・・・再び出発!

d0093486_1242097.jpg
ホテルのすぐ脇では、ちょうどドリアン屋さんがお店を開け始めていた。
昨夜はここで、たくさんの人がニオイを嗅いだり味見したりしながらドリアンを買って行く姿を見かけた。
わたしは・・・ほんの少し興味はあったけど、やっぱり食べてみる気にはなれず(笑)


わたし達がまず向かったのは、ラッフルズホテル。シンガポールの最高級のホテルだ。
d0093486_12102040.jpg
もちろん一泊6万~90万のこのホテルに泊まることなんてできないけど、ここは観光名所にもなってるってことで・・・おのぼりさん一家は「一応観ておこう♪」と、ね。

d0093486_12142820.jpgd0093486_12143964.jpg

やっぱりどこか高級な雰囲気。
なんとな~く、スッスッと気取って歩きたい(・・・というか歩かなきゃ)って思ってる横でパタパタパタパタと安っぽい音を立てて走り回るちびっ子ギャングが1人。
「こらぁ~っ、ちょっとはジッとしてなさい!」なんて言って大人しくなるはずもなく・・・この場に似つかわしくないおのぼりさん一家は、そそくさとラッフルズを後にしたのであった。

次に向かったのは、ラッフルズホテルから歩いて数分のところにあるサンテック・シティ・モールという大型ショッピングモール。
とりあえずぶら~っと見てまわったけどショーウインドーに飾られているお洋服のコーディネートがちょっとヘンテコリンだったり、やっぱりそんなに安いわけではなかったり・・・で全然食指が動かず。
ちょうどNeoの「ねむい~。だっこしてぇ~。」も始まったので、滞在中一度は経験しておきたかったフットリフレクソロジー(足ツボマッサージ)のお店へ。

「子供を抱っこしたまま受けられますか?」と聞いたところ快くOKの返事。
早速夫と二人並んで施術台に寝そべり、おなかの上にNeoを乗せて、ワクワクしながら足を投げ出した。
スゥーっとするミントの香りのクリームを足裏に塗りたくられ、若いお兄さんが指の関節を使って足裏をぐいぐいマッサージしてくれる。一瞬マッサージ棒か何かを使ってるのか?と思ってよ~く見てみるとやっぱり指を曲げているだけ。「人の指ってこんなに硬いもんなの!?」とビックリしてしまった。
よくテレビなんかで「うぎゃっ!そこ痛いっ!!!」とか身をよじっている芸能人たちを見るけれど、わたしはそんなに痛いと感じなかった。むしろとぉ~っても気持ちいい♡
いつの間にかおなかから降り、床に寝転がって遊んでいるNeoのことさえ気にならなければ思わず眠ってしまっていたかもしれない。ということは、そんなに悪いところはないって考えていいのかな?

40分間のマッサージが終わり、立ち上がったら足が軽~くなっていた。
ズボンの裾を捲り上げてみたらふくらはぎのむくみが取れ、少しだけ脚が細くなっていた。(膝下もマッサージしてもらえたのだ)
もしコレを毎日やってもらえたら、わたしみたいなゾウ脚でも押切もえちゃんみたいになれちゃうかも!?と思わず錯覚してしまうほど、浮かれてしまった。バカなわたし・・・。

さて、足も軽~くなったところで、この旅行で「ココだけは絶対に行こうね!」と決めていたナイトサファリへGO!

d0093486_14403783.jpg

ここは名前の通り、夜のみ開園しているサファリパークだ。
窓も柵もないトラムに乗って、夜に活動する動物たちの様子を見ることができる。
照明も暗~く、ほとんど自然に近い状態のジャングルの中での動物たちの姿。
ライオンなどの獰猛な動物はそれなりに離れたところからしか見られなかったけれど、バクがトラムの真横でエサ(草かな?)を食べていたり・・・それはそれは迫力満点!
ガイドさんの話ではナイトサファリにいる動物の大半が「絶滅の危機に瀕している」らしい。
トラでさえ、このままだと数十年後には動物園でしか見ることができなくなるというのだ。
改めて自然保護の大切さを感じた。
(フラッシュ撮影が禁じられていたので、残念ながら動物たちの写真は撮れませんでした。)

ナイトサファリでは他にも無料のショーなどがあり、わたし達を楽しませてくれる。

d0093486_13122540.jpgd0093486_13123432.jpg
トライバルダンス・ショー。
吹き矢で風船を割ったり、槍をぐるぐる回したり、口からボーボー火を噴いたり(笑)、とにかくテンションの高いお兄さんたちが繰り広げるとっても楽しいショー。思わず我を忘れて歓声を上げてしまう。
Neoも口をぽかーんと開けて見とれていた。

それから、Creature of the Night Show という動物たちのショー。
カワウソやフクロウ、アライグマ、ハイエナ、大蛇・・・といった様々な動物たちがそれぞれの特性を生かした技(?)を披露してくれる。
MCのお姉さんのジョークを交えたトークがショーを更に面白いものにしていた。
(なんてエラそうに言ってみるものの、実際にはお姉さんのしゃべるスピードがとっても早くて、正直やっと半分理解できたかどうか・・・といったところ)

あ~、でもホントに楽しかった!
「海外旅行ってお買い物以外でも楽しめることがいっぱいあるんだな~」と実感した2日目だった。
[PR]
by cozy0924 | 2007-07-18 14:37 | おでかけ&イベント
7月11日(水)
19:00発の飛行機に乗って、わたし達のひと足早い夏休みが始まった。
「夜便だし、午前中は幼稚園へ行ってるからNeoもすぐに寝てくれるだろう」というわたし達の読みは甘かったらしく、飛行機の中でもNeoの興奮は持続状態。

d0093486_10272342.jpg
眠くなるどころか、座席の前のモニターでディズニーチャンネルを鑑賞しながら機内食のデザートをほお張り、終始ご満悦の様子。
わたしの方が先に目を閉じてしまった。


フライト時間残り3時間足らず・・・というところで、ようやくNeoも眠りにつく。
当然、シンガポールに到着した時には深い眠りの中。抱っこして飛行機を降りる。
ホテルに到着したのは深夜2時過ぎ。さすがに眠い。

7月12日(木)
朝8時半にホテルロビーに集合。
こんな格安ツアーにも、『半日市内観光』という有難いオプションが付いているのだ。

観光バスに乗ってヒンズー教のお寺や市場、色とりどりの建物が立ち並ぶ港、お約束のマーライオンパークへ・・・。

d0093486_11434854.jpg

←街の一角。鮮やかなブルーの建物が印象的だった。

d0093486_11492984.jpg










港ではベンチの上で寝たふりをするNeoに次々と外国人観光客が集まってきて・・・ツンツン突いたり、ほっぺをムギュ~っとされたり。
それでも頑なに寝たふりを続けるNeoの根性に脱帽!(笑)→


d0093486_11551052.jpg

←マーライオン。
「実物を見たら大したことなくてガッカリした」という話をよく聞いていたのであまり期待していなかった・・・のが功を奏したのか、意外と立派でビックリした。
口から勢いよく噴出す水しぶきが風に乗って飛んできて、空気がひんやり気持ちいい。



ガイドさんの説明も面白く、とっても楽しい市内観光。
でも・・・昨夜の寝不足がたたり(なんせ3時間程しか寝ていない)、少し頭がぼぉ~っとしていることも事実。特にNeoはその眠さもだんだんピークに達し始めたようで・・・
バスの中では元気なのに、バスから降りて歩き始めると「ねむい~。だっこしてよぉ~。」と泣き始める。子供ってずるい!仕方なく夫婦交代で抱っこするものの・・・

d0093486_1262275.jpg抱っこばかりも疲れるので、植物園で「眠いならバスの中で寝ればいいでしょ!少しは歩きなさい!」と一喝。「だっこしてよぉぉぉぉ~!」と座り込んで大泣きするNeoに「早く来ないと置いてっちゃうよ~」と言って、夫婦二人少し離れたところから様子を見ていた。

が、一度わたし達の横を通り過ぎたこのおばあさんが再び戻ってきて、"Show her your face. Show her your face. Oh, poor little girl..." (彼女にちゃんと顔を見せてあげて。あぁ、かわいそうに・・・)と眉をひそめて、わたし達をたしなめた。
本当にNeoに同情してくれている様子だったので「男の子なんですぅ」と訂正できる雰囲気でもなく・・・「気にかけてくれて有難う」とお礼だけ言い、結局、再び夫がNeoを抱っこすることに・・・。泣き疲れたのか、その後Neoはコトンと眠ってしまった。

その後、1人10ドルずつのミールクーポンが配られ、フードコートで昼食。(ここでもNeoは眠り続ける)DFSで解散となった。

免税店でのお買い物には興味がないので、わたし達はさっさとDFSを出て地下鉄、バスを乗り継ぎセントーサ島へと移動。

d0093486_1225560.jpgd0093486_12251534.jpgd0093486_12252445.jpg


ここは島全体がテーマパークのようなリゾートアイランド。
ここではビーチで遊んだり、巨大なマーライオンを観たり・・・のんびりと午後を過ごす。

d0093486_12302553.jpg
    そうしてだんだんと陽も沈み・・・辺りが暗くなった頃、待ちに待ったショーが始まった!

d0093486_1235187.jpgd0093486_1235115.jpg

【Songs of the sea】という海辺でのショー。
ミュージカル仕立ての物語の中でシュワーッと吹き上げた水しぶきの表面に映像が映し出され、幻想的な光と、踊るように跳ねる噴水と、一瞬顔が熱く感じられる程の大きな炎が次々と打ちあがりビーチにいるわたし達観客を圧倒する。
今までに経験したことのないとっても不思議で見ごたえのあるショーだった。
このショーが1人たったの6ドル(約500円)。安い!

こうして、とっても充実したシンガポール第1日目が終わった。
力尽きて眠ってしまったNeoを夫が抱き抱え、やっとホテルに帰り着いたのが10時半過ぎ。
その後、「近くに有名なチキンライス屋さんがあるらしいから・・・」と1人再び夜の街へと繰り出していった夫。(実は島から帰ってくる途中も、そのお店を探してNeoを抱いたまま40分以上歩いたのだけど結局見つからなかったのだ。なのに、どうしても諦め切れなかったらしい。)
結婚6年目・・・この夜、改めて夫の食に対する執着心に心底驚かされたわたしであった。
[PR]
by cozy0924 | 2007-07-17 10:45 | おでかけ&イベント

日々の出来事や趣味のインテリア&ハンドメイドのこと。


by cozy0924