<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

絵本よりも・・・

今日はわたしの病院の診察日。
病院でちゃんとおりこうにしていられたNeoに
ごほうびとして絵本を買ってあげると約束し、帰りに本屋さんへ寄った。

シーズンということもあり、本屋さんにはかわいいクリスマス系の絵本がたくさん!
思わずわたしの方がワクワクしてしまう。
ところがNeoが迷わず選んだもの、それは・・・

d0093486_17385950.jpg

Neoもこんな本を欲しがる年になっちゃったのね(笑)

でも、この手の本にはイヤ~なおまけもついてるわけで・・・


d0093486_17433861.jpg

ほら、でたっ!コレよ、これ!!
案の定、「ママ、これちゅくってよ~。」とNeo。
それにしても大きすぎない!?細かいパーツがいっぱいで、見るだけでウンザリ。

でも、「せっかく買ったのに作らないのはもったいないし・・・」と
ヘンなところで貧乏性が顔を出す。
仕方なく、ひとつひとつパーツを切り抜き、組み立て、のりで貼り付けていく。
わたしだって、来年のカレンダー付きのインテリア雑誌を買ったのに・・・。
早く読みたいのにぃ・・・。せめてカレンダーだけでも先に見たいんだけど・・・。
という気持ちを抑えつつ、付録と格闘すること1時間。

d0093486_17533383.jpg


できた~っ!あ゛~っ、つかれた!!目がシパシパする。
正直、時間がかかったわりには・・・?って思ったけど、Neoはそれなりに喜んでいる。

さて・・・と、これでやっと雑誌が読めるぞ。コーヒーでもいれよ~っと♪
[PR]
by cozy0924 | 2006-11-30 15:33 | neo
自宅に戻ってきてずっと雨続きだったけど、今日からしばらくは晴れるらしい♪
よかった、これで部屋中にぶら下がるうっとおしい洗濯物を見なくて済む。

最近Neoは朝ナカナカ起きてこない。起こしても全然起きない。
だから昨日もクリスマスツリーの飾りつけをわたし一人でやってしまったのだけど
(一刻も早くツリーを出したくて、Neoが起きてくるのを待てなかったのだ)
今日はそれほど気合も入っておらず(笑)午前中はの~んびり過ごし、
お昼過ぎから二人でお庭の植木に飾りつけをした。

d0093486_2305957.jpg

うちのお庭は日当たりがあまり良くないので、この木もイマイチ葉っぱが生い茂らない。
オーナメントをぶら下げると、細~い枝がぐわ~んと垂れ下がり
「くぅ~っ、重い!!折れる!!!」とわたしに訴えてくる。
ゴメンネ、あと3週間ちょっと耐えて・・・

d0093486_2312337.jpg
←ドアにもリースをかけて・・・
 このリースも3年目?4年目?
 ブルーもそろそろ飽きてきた。
 来年は変えよっかな・・・。



お天気が良かったので、張り切っていっぱい洗濯しすぎた。
夕方、取り込んだ洗濯物は一部湿ってて・・・
結局、今夜も天井からバスタオルがぶらり~ん。はぁ~っ。
[PR]
by cozy0924 | 2006-11-29 23:33 | interior & gardening
d0093486_16302970.jpg


11月もあと2日・・・。
今日はクリスマスツリーを出した。
毎年、大好きなクリスマスを少しでも長く楽しみたくて
11月半ばにはツリーを出している。
今年は少し出遅れちゃったけど・・・。

やっぱりツリーはいいなぁ・・・しみじみ。



他にも部屋のいたるところにクリスマスのデコレーションをちょっとずつ・・・。
うんうん・・・ナカナカ雰囲気出てきたぞ。
Neoが起きてきて、部屋に入るなり「わぁ~っ♪」と第一声。
その「わぁ~♪」が聞けただけで、母はもう満足です(笑)

d0093486_1003312.jpgd0093486_1004349.jpgd0093486_1005234.jpgd0093486_1005954.jpg
 

d0093486_16453012.jpg

    こたつも出して、冬支度はバッチリ!
    あ~っ、でも一度こたつに入っちゃうと
    もう動けなくなるのよね。
    夕ごはん作らなきゃ・・・でも、ねむい・・・。
[PR]
by cozy0924 | 2006-11-28 16:54 | interior & gardening

おうちがいちばん♪

今朝、久々に自宅のベッドで目覚めたNeo・・・。
「おはよ~。」と声をかけると、むくっと起き上がって、
部屋をぐるっと見渡し、ニコッと笑ってわたしを見た。

Neoの言いたいことはわかってる。

「ここはどこでしょーか?」とわたし。

「ママおうち!」とNeo。

「そう、ママとNeoとパパのおうちだよ。(笑)」

「や~ったぁ~♪♪♪」

やっぱりNeoも自分のおうちが一番なんだな・・・。
[PR]
by cozy0924 | 2006-11-27 21:06 | neo

お空に帰った赤ちゃん

ごぶさたしてます。3週間も更新をお休みしてしまいました・・・。

 ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆  
  
本当はもう少しして落ち着いたら、この場を借りて報告しようと思っていたことがあった。

『この度、新しい命を授かりました!』

来年の6月、Neoはお兄ちゃんになる・・・ハズだった。
でも、わずか1センチの赤ちゃんはおなかの中で亡くなってしまった。
流産はこれで2度目。
Neoを授かる前にも経験していたので、常にある程度の覚悟はしていたものの・・・。

ショックを受けなかったと言えばウソになるけれど、今回はNeoの存在に助けられた。

そもそも、赤ちゃんがお腹に宿ったことを知らせてくれたのがNeoだった。
以前、Neoが胎内記憶を話してくれた・・・ということを書いた(10月22日参照)のだけど
その胎内記憶の前に実はNeo、こんなことを言ったのだ。
「ママのおなかの中、あかちゃん入ってるよ。」
えぇっ!?と思ったが、その後、Neoの予言(?)が的中していることが判明。
我が子ながら「この子は何か特別なチカラを持ってるに違いない!」と思ってしまった。
(ハイ、親ばかです。わかってます。)

その日からNeoはおなかの赤ちゃんに積極的に話しかけてくれるようになった。
つわりが始まり、トイレでゲェゲェしているわたしを見て
「だいじょーぶかい?」とオヤジっぽく声をかけて(笑)頭を抱えてくれたりもした。
2才のわんぱく坊主・Neoが急に頼もしいお兄ちゃんになった。

赤ちゃんが宿ったことはズバリ言い当てたNeoだったけれど、
さすがにいなくなってしまったことまではわからなかったようだ。
手術を受けて赤ちゃんとサヨナラした日の夜も、
「ねぇねぇ、あかちゃん。」とわたしのお腹に向かって話しかけてきてくれた。
Neoには「おなかの赤ちゃんはお空に帰っちゃったんだよ。」と説明した。
そのときだけは「え~、でも・・・あかちゃん・・・さみしいよぉ。」と
悲しそうにつぶやいていたのだけど、そこはやっぱり2才の子、
翌日からはいつものテンションで、よく走り、暴れ、笑わせ・・・全く落ち着きがない!
寂しさなんて微塵も見せず、それどころか本当に楽しそうに過ごしている。
でも、おかげでわたしも前回のようにどん底まで落ち込まずにいられたのだ。
Neoの落ち着きのなさ、わんぱくぶりに、今回初めて感謝した(笑)

あ!他にも感謝しなければならないことはたくさんある。

今回つわりがひどかったわたしを快く実家に帰らせてくれた夫。
わたしに代わってNeoのお世話をほとんど全てしてくれた母。
Neoに度々お土産を買って帰ってきてくれ、遊び相手になってくれた父。
いつもわたしの体調を気遣ってくれていた義父母。
つわりで辛い時に、メールで励ましてくれた友達。
流産の知らせに泣いてくれた友達。
この世に生まれてくることの大変さ、命の大切さを改めて教えてくれた、お空の赤ちゃん。

本当にありがとうございました!

わたしたちは流産で失った赤ちゃんにも名前(ニックネーム)を付けている。
最初の子はわたしの昔のニックネームからとった【ことろ】
そして今回、お空に帰った【そらっち】 
(なんとまぁ、安易な名づけ!)
今頃、お空で二人仲良く遊んでるかな・・・?

今晩、約3週間ぶりに実家から自宅に戻ってきた。
これから年末に向けて、やることがいっぱいだ!!!
まずは明日、こたつを出さなきゃ。ココは実家と違って寒いったらありゃしない!
それからクリスマスツリーだ。年賀状も買いに行かなきゃ。
あ~、忙しくなるなぁ・・・。でも、おうちの事をやるってワクワクする♪

さぁ、明日からまた頑張るぞ~!!!!!

 ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆    

今回、流産したことをあえてココに書くべきか、正直迷いました。
でも、やっぱり『なかったこと』にはできないし、したくないな・・・と思ったので。
[PR]
by cozy0924 | 2006-11-26 23:40 | private

贅沢な時間の使い方!?

d0093486_23493790.jpgd0093486_224236100.jpgd0093486_23511434.jpg


毎年、この時期、夫の会社の保険組合でディズニーランドのチケットが安く手に入る。
今年も夫がチケットを購入してくれ、今日、家族3人で出かけてきた。

先月、思いがけずチケットが手に入りディズニーシーへ行っていたこともあり、
少しばかりテンションが下がっていたのか、せっかくの行楽日和にもかかわらず
朝のんびりと過ごしてしまい、現地に到着したのは12時だった。

今日の目的をNeoに聞くと『プーさんに会うこと』とのこと。
「まずはプーさんのファストパスを取りに行こう!」と行ってみたが
すでにファストパスの発券は終了。普通に並ぶと160分待ち(!?)となっている。
「2時間40分も並んでられないよねぇ・・・」とNeoの目的は無視して(笑)さっさと
他のアトラクションへと移動。
ところが、連休初日のうららかなディズニー日和・・・当然園内はすごい人で、
どのアトラクションも2時間近く待たなくてはいけない状況だった。
おまけにレストランの前も長蛇の列。早くもウンザリしてきた。

結局、30分近くあちこちのアトラクションの前を素通りしたあげく
3時からのクリスマスパレードに備えて早々と場所取りすることにした。
通りのジャマにならない隅の方にレジャーシートを広げる。
夫が買ってきてくれたピザランチを広げて、気分はピクニック!?

昔は・・・少なくとも子供が生まれる前までは、1時間以上も前からレジャーシートを広げて
パレードが始まるのを待ち続けるなんて「信じられない!」世界だった。
そんな無駄な時間を過ごすくらいなら一つでも多くアトラクションを制覇したかった。
それが2時間も前から座って待機・・・変われば変わるもんだ(笑)

2時間待ったおかげで、パレードは十分楽しむことができた。
11月に入ったばかりなのにクリスマスパレード。
クリスマスメドレーを聴きながら、赤や緑のデコレーションを見ていると
(今年は早めにクリスマスツリーを飾ろっかな♪)と思ってしまった。

さて、パレードも終わり、「さすがに一つくらいは乗って帰らなきゃね」ということになり
結局【プーさんのハニーハント】に並ぶことに。
行ってみると待ち時間は130分となっていた。
2時間10分なら、まぁいいか・・・って思ってしまうあたり、すでに感覚が麻痺している。
並んで30分もしないうちにNeoは眠ってしまった。

実は去年の春、ファストパスでこのアトラクションに初めて乗ったのだが
短い待ち時間の間にやはりNeoが寝てしまい、どんなに揺すっても目を覚ましてくれず
結局眠ったままのくったりしたNeoを無理矢理両端から挟む形で座って発車、
大人だけプーさんとご対面した・・・という悲しいエピソードがある。

「でも、まぁ、今回は順番が回ってくるまでにはまだまだ時間あるし、
2時間待たせてグズられるよりいいよね。」と夫婦で気楽に構えていた。
途中ベビーカーを預ける場所まで来た時に、係員の方に
「眠っていたり、グズってお父様やお母様にしがみつくような場合は
ご乗車をご遠慮いただきますので・・・」と言われたが、
ベビーカーから降ろした時点でNeoも目を覚まし始めていたので
特に何の心配もしていなかった。

2時間頑張った甲斐あり、いよいよ目の前にハニーポットが!
「ホラ、Neo!これに乗ってプーさんに会いにいくよぉ!!」と
気分を盛り上げようと張り切るが、イマイチNeoの反応が悪い。
(まだ、完全に目が覚めてないのかなぁ・・・)と思いながらも
乗ってしまえば絶対に喜ぶ!と確信していた。
なぜなら、Neoにとってはコレがプーさんとの初対面なのだから・・・(笑)

ところが!ハニーポットに乗り込み、安全バーを下げたところで
急にNeoが「やだ~!!」と言って夫にしがみついたのである!
「大丈夫だよ~(笑)プーさんが待ってるよ。」となだめるが泣きわめくNeo。
すかさず係員が飛んできて「お子様が落ち着かれたらすぐ乗車いただけますので」
と、とりあえず降ろされてしまった。
(あ、ありえない~!!!)
結局、すぐにNeoが落ち着くことはなく、
『再び戻ってきた時には優先的に乗せてもらえるチケット(本日限定)』と
ミッキーのステッカーをいただいて、出口まで案内されてしまった(泣)
2時間待って、ミッキーのステッカー1枚・・・とほほ。

その後もNeoの気が変わることなく、結局プーさんとはご対面できず。
往生際の悪い大人2名は帰り際「とりあえず・・・」と手の甲に【再入園】の
スタンプを押してもらい、でもやっぱり再入園することなく家路に着いた。

Neoに「今日楽しかった?」と聞くと「うん!たのしかった。」と答える。
子供が楽しかったのなら、まぁいっか・・・と思う反面、なんだかとてももったいないことを
したような、煮え切らない思いが残ったのであった。
[PR]
by cozy0924 | 2006-11-03 23:51 | おでかけ&イベント

入園願書提出

とうとうこの日が来た!
今日はNeoの入園願書受付日。

近頃では、願書を提出するために前日から並んだりする・・・
なんて話を聞いていたので、Neoが生まれた時からなんとなくこの日のことは意識していた。
(ちゃんと希望したところに入れるだろうか・・・)なんて少し心配もしたりして。

幸い、入園を希望していた幼稚園では、
保護者が提出したアンケートを元に入園希望者の人数を集計して
事前に『入園できるか否か・・・』を連絡してくれるシステムになっていた。
園長先生の話によると、今年の希望者は募集人員90名を若干超える100名前後。
先月半ば、「全員入園が決定いたしました」という通知と共に
入園願書が送付されてきていた。
<願書>というくらいだから、A4サイズくらいのしっかりした用紙を想像していたのだが
実際に届いた<願書>はメモ紙みたいな小さな紙切れ。
そこに子供の名前と生年月日、保護者の名前、住所、電話番号、
通園バスを利用するかしないかを記入するだけの、それはそれはとっても簡単なものだった。
まるで『保護者会に出席します しません』みたいな紙。ちょっと拍子抜けした(笑)

入園が決定したとはいえ、願書の受付日である。お金の受け渡しだってあるのだ。
他の幼稚園の推薦枠の受付を済ませたママ友達に聞いた話でも
「受付をするまでに30分以上は並んだ」とのことだったので、その覚悟で臨んだ。

母と義母にわざわざ家まで来てもらい、Neoを預けていざ出発!
幼稚園へは、わたしの足で歩いて5~6分ほど。
川沿いの道を歩いていると園庭で園児たちが走り回っているのが見えた。
(あれ?別に保育をお休みしてるわけではないんだ・・・)なんてことを思いながら幼稚園へ。
門をくぐるが・・・「あれれ?受付の列はどこ???」
そのとき、書類封筒を抱えたお母さんたちが3人ほど園舎から出てくるのが見えた。
とりあえず、わたしも中へ入ると、受付で手続きをしている人がたった1人。
わたしが後に並ぶのと同時に書類封筒と手提げ紙袋を受け取ってその場を離れた。
そして、わたしの番。願書を提出し、入園金を手渡す。
園長先生が願書に番号を書き入れ、領収証を発行してくださり、終了!
あとは、書類封筒と手提げ袋(中身はタオルと絵本だった)をいただいて帰ってきた。
所要時間、わずか3分・・・もかかったかどうか。
あまりにも簡単な手続きでまたもや拍子抜けだった(笑)

なにはともあれ。最初の手続きは完了した。
帰り際、改めて、園庭で遊んでいる園児たちを眺めた。
先生と手をつないでスキップする子供たち。
砂場で遊んでいる子供たち。
先生の合図でかけっこをする子供たち。
わたしの背後では通園バスが到着し、園児がぞろぞろ降りてきた。
(来年はこの中にNeoもいるんだな・・・)と思うと、不覚にもちょっとジーンときてしまった。

次回は12月半ば。制服採寸と面接だ。着々と入園準備は進んでいる。
Neoと朝から晩までべったり一緒にいられるのも、あと5ヶ月・・・有意義に過ごさなくては!
[PR]
by cozy0924 | 2006-11-01 17:36 | neo

日々の出来事や趣味のインテリア&ハンドメイドのこと。


by cozy0924