カテゴリ:未分類( 37 )

中秋の名月

d0093486_11501257.jpg
                  日の丸ならぬ「月の丸」

昨夜はお月様がとってもキレイでしたね。
ホントに真ん丸で大きくてまぶしくて・・・

今、Neoがちょうど学校の宿題で毎日月の観察をしています。
なので、ここ最近はわたしも夜空を見ることが多かったのですが、昨日は夕方から何度も何度も外に出ては空を見上げてしまいました。

カメラを構えるけど、月の光が強すぎてぼやけちゃったり、ブレちゃったり・・・
どうしたって肉眼で見た方がキレイ。
写真って難しいなぁ・・・と思いました。

満月の日に願い事をすると叶うと言われてるそうで。
「あっ、忘れるとこだった!」と、またまた外に出てお月様に向かって願い事。
(そんな乙女チックなこと、普段はしないのですが・・笑)

今、いちばんの願い・・・叶うといいな。
お月様、どうかどうか!

その後、ちょっと気になって満月の日のジンクスを調べてみたら
「満月の日は吸収力に優れているので、何を食べても太りやすい」だって!

やーん!時すでに遅し。。。
かぼちゃ団子を作って、たらふく食べた後でした。

慌てて天井に向かって「今日食べたもの、吸収されませんように!」と手を合わせてみる(笑)
(わざわざ外に出て拝むと、先にお願いした方が無効になる気がしたのでね)

次に十五夜の日と満月が重なるのは8年後だとか!
しっかり、しつこいくらいに見ておいて良かった~。
[PR]
by cozy0924 | 2013-09-20 12:14

洗濯槽クリーニング

そんなものがあると知ってからずーっと気になっていた、プロによる洗濯機のクリーニング。

時々、市販の洗濯槽クリーナーを使ったりはしていたものの、その直後の洗濯では水垢が余計に浮いていたり・・・なんとなくちゃんと綺麗になってない気がしていたのです。
プロによるクリーニングは、洗濯槽を分解してそんな落としきれてない汚れもキレイにしてくれるというもの。
うちの洗濯機がどのくらい汚れているのか見てみたい!という怖いもの見たさもあって(笑)今回、初めてプロに依頼してみました。

わが家の細長く狭い洗面所で作業できるかしら?と、心配だったのですが・・・
洗浄作業は全て外で行うとのこと。

外に運び出された洗濯機から取り外された洗濯槽を見てビックリしました。

恥を承知で画像UPします・・・
d0093486_18223599.jpg
                     きったなっ!!!

こんな汚れた洗濯機で、毎日お洗濯していたのかと思うとゾッとしました。
あっ、わが家の名誉のために(こんな恥をさらしといて今更名誉もへったくれもないのですが・・・笑)
もう一度言っておくと、これでも月に一度は洗濯機の【槽洗浄コース】を回してたんですよ。
ただ、洗濯槽クリーナー(洗浄剤)は・・・直後の水垢フヨフヨがイヤで、もう半年近く使ってませんでした。
ついでに言うと【槽乾燥コース】はほとんど使用してなかった!これが案外、一番必要だったのかも。

業者の方によると、普通に毎日洗濯していたら2年でこんな風になるんだそうです。
ちなみにうちの洗濯機は2年どころか・・・多分もう5~6年かな。

d0093486_19184184.jpgd0093486_191856100.jpg


こんな風にパーツをひとつひとつ専用のケースの中で高圧洗浄してくださいました。

わたしはその間、洗面所の洗濯機置き場と排水溝を掃除。
ここもかなり汚れていました。
洗濯機を移動して掃除することなんて、ナカナカないですからね。

さてさて、あんなに汚れていた洗濯槽は・・・
d0093486_1923127.jpg
                        ピッカピカに!

これは気持ちいい!新品みたいです。
思い切ってお願いしてみて良かった!
期待通りの怖いものも見れたしね(笑)

これからは2年に一度はプロにお願いしようと思いました。
[PR]
by cozy0924 | 2013-03-05 19:53

3人寄れば…

我が家のすぐ近くの畑で、農家の方がブルーベリーを栽培されています。
この季節になると離れたところから見てもわかるほど、木には藍色の実がびっしり。
毎年それを狙ってくる鳥さん達の被害にも遭われるのでしょう、ひと月程前からブルーベリー畑をすっぽり覆う形で網が張られていました。

ところが。
先週、その網にムクドリが1羽引っかかって死んでいるのをNeoが見つけたのです。
正確にはその日の朝、その子が天井部分の網に引っかかってもがいているところも見ていました。
でも、手の届く場所じゃないし、登校途中だったし、どうすることもできず・・・
心配しながら帰ってきた時には、もうその子はぶら下がったまま動かなくなっていたそうです。

「ママ、お墓作ってあげたいからあの鳥取って!」
と懇願されましたが、わたしでもちょっとやそっとじゃ手の届かない場所。
それに人の畑に勝手に入るのもためらわれて「ここの農家の方に任せよう」と言うことしかできませんでした。

結局、そのムクドリは今もまだぶら下がったまま。
他のムクドリに対する見せしめ?それとも単に手が届かないから?
横を通るたびに「悪いことしようと畑に入ったわけじゃないのに・・・」と何とも言えない気持ちになります。

そして今朝、また新たな1羽が同じように引っかかってしまっていたのです。
Neoとお友達は、また迎えるであろう悲しい結末を予想し、とてももどかしそうに登校していきました。

わたしも気になって、ちょうど通りに出ていたお向いさんと一緒に様子を見に行きました。
ぶらーんとぶら下がっている2羽目の犠牲者。
「嗚呼、ダメか...」と思った瞬間、その子がバタバタと羽をばたつかせたのです。

生きてる!!!

その瞬間、わたしの中にムクムクと使命感が湧いてきました。

助けなきゃ!!!

・・・でも、どうやって???
普通に手を伸ばしても、とても届かない場所。

「棒か何かでいけるかなぁ・・・」
人の畑に入るわけには・・・なんてためらいはどこへやら。
もう一人仲間がいるってだけでぐーんと気も大きくなるものです。
家から長い柄のほうきを持ってきて、ずかずかと網の中に入って行き、ムクドリに差し伸べてみました。

でも、全然ダメでした。
単に引っかかってるだけじゃなく、網が足にグルグルと絡み付いてしまっているのです。

バタバタ羽ばたいては、力尽きたようにぶらーんとぶら下がる・・・を繰り返すムクドリ。
わたしはとりあえずムクドリがぶら下がった状態になるのを防ぐべく、掲げたほうきの穂先にその子を乗せた状態のまま、どうしたものかと考え込んでしまいました。

その時、Neoと一緒に登校している友達のお母さんが通りかかりました。

野鳥救助隊へようこそ!!!(笑)

もう一人仲間が増え、ますます心強くなったわたしは、今度は畑にでっかい脚立を持ち込みました。
3番目の隊員が脚立に上がり、鳥の足に絡みついた糸を直接手で取ってあげようとしたもののそれもムリ。

「コレ、ちょっとやそっとじゃ外れないよ」
「網切るわけにいかないしねぇ・・・」
「それはまずいでしょ」
「畑の人呼んでくる?」
「でも、農家の人にとっては天敵だろうしね」

あーでもない、こーでもないと助ける方法を話し合ううちに・・・

「やっぱり、網切らなきゃ助けられないよ」
「ここで見殺しにはできないよね」
「切って、糸でつないじゃおっか」
「そうしよう、そうしよう!」

3人寄れば勇気も湧くものです(笑)
他人の畑に大きな脚立もろとも堂々と入り込み、網まで切ってしまおうってんですから!

こうして無事にムクドリを保護することに成功し、網も補修し、即席野鳥救助隊は解散したのでした。

d0093486_15592237.jpg

宙づり状態のまま羽ばたき続けたためか、地面におろしてもぐったりして動かないムクちゃん。
猫に襲われちゃいけないと家へ連れて帰った時には、くちばしの先を地面に付けていないと身体を支えきれない程に弱っていました。

何をしてあげたらいいものか・・・
とりあえずお皿にお水を入れてあげ、ストレスを与えないよう離れたところから様子を見守ることにしました。
ムクドリをこんなによく見たのは初めてだったのですが、可愛い鳥です。

d0093486_166249.jpg

時々お水に口をつけていたムクちゃんは、次に見たときには傾いていた身体もしっかりし、頭も上がるようになっていて。

それから1時間くらい経った頃でしょうか・・・

「ママ、ピッピさんどこ~?いなくなってる~」

というnanaの報告で、ムクちゃんが無事に飛び立ったことを知ったのでした。ホッ。

ちょっぴり寂しかったけど、ホントに良かった!
いいことしたな、 という満足感でいっぱいになりました。

でも、同時に思ったのです。
絶対、わたし一人だったら助けてあげられてなかった。
脚立を持ち込み、網を切って・・・って作業は多分一人でも可能だけど、そんな大胆なこと一人じゃ絶対にできなかった。
できるのにできない。
それが決して悪いことではないとしても。

本物の善意とは言えないかもしれないですね。

今日は運が良かったです!
わたしにとっても、ムクちゃんにとっても。

次にまた同じことが起こったら・・・?

頑張って一人で助けに行けるかなぁ。
今までよりは少しだけそんな勇気も出せそうな気がします。

といいつつ、やっぱりお向いさんにはピンポンして助けを呼んじゃうかも?(笑)

もう決してこんなことが起こらないことを願うばかりです。
[PR]
by cozy0924 | 2012-06-28 16:52

ごめんね。

金魚のダー君が亡くなりました。

原因はストレスでも病気でもありません。
完全なわたしの不注意です。

今朝、いつものようにエサをあげようと水槽を覗いたらダー君の姿がありませんでした。
えっ?!と思って、水草の陰や「まさか底砂に潜ったりしないよね?」とよーく見てもやっぱりいなくて・・・
心臓がドクドクいう音が聞こえそうなくらい緊張してきて、ヤダヤダヤダヤダと思いながら水槽の外を探すけどそれでもいなくて、とりあえず夫に知らせようと振り返った瞬間、見たくなかった光景が目に飛び込んできて思わず顔をそむけてしまいました。

ダー君は水槽から1メートル以上離れた玄関のタイルの上で動かなくなっていました。

新しい水槽のエサの投入口から飛び出したようでした。
あの小さなすき間からうまい具合に飛び出ることなんてまずないだろう、と思い込んでいたわたしがバカでした。
今考えたら、何かの瞬間にダー君の体がギリギリ通り抜けてしまえる程のすき間だったのです。

せっかく新居にも慣れてきた様子だったのに・・・
金ちゃんの病気も治って、また2匹を一緒にしたのが一昨日のこと。
それまで底の方でおとなしくしていたダー君が、金ちゃんが戻ってきた途端、少し動きが活発になって水面近くまで上がってくるようにもなって。
2匹で体を寄せ合って泳ぐ様子を見て「やっぱりお互いさみしかったのかもね(笑)」なんて話していた矢先の出来事でした。

なんてかわいそうなことしちゃったんだろう。なんてむごいことをしちゃったんだろう。
同じ死ぬのでも、お水の中で死なせてあげたかった・・・。

ダー君の死を告げると、Neoはさめざめと泣きました。
Neoにも申し訳ないことしちゃった。

ごめんね、ダー君。ごめんね、Neo。

d0093486_2021848.gif

学校から帰宅したNeoは小雨の降る中、お友達と一緒にダー君のお墓を作りました。
学校帰りに道端の花を摘んできてくれたNeoと「お墓作るって聞いたから・・・」とわざわざ自宅の庭からお花を摘んできてくれたお友達。
d0093486_19591376.jpg
二人ともありがとう。
小さな命も大切に扱うことのできる、優しい心・・・大きくなっても忘れないでね。

d0093486_2001383.jpg
ダー君、今までわたしたち家族を癒してくれてありがとう。
長生きさせてあげられなくて、本当にごめんなさい。
天国で安らかに眠ってね。
[PR]
by cozy0924 | 2012-05-25 20:17

金環日食

今日はテレビも新聞も金環日食の話題でにぎわいましたね。

わたしも家族と一緒に観ることができました♪
太陽を観察するのなんて、考えてみたら生まれて初めてのこと。
日食グラスを通して見る実物の太陽はテレビで観てたのと違って、びっくりするほど小さくて・・・
「ほーっ。太陽ってこんなに遠いんだぁ」と思ってしまいました(笑)

それでも、おひさまが時々危なっかしく雲にかすめられながらも徐々にお月様のように欠けていき、キレイな輪っかになった瞬間は思わず雄叫び歓声を上げてしまうほど感動しました。

今日はいいことがありそう♪

そんな気がしました。
実際はいつもとまーったく変わらない一日でしたが(笑)


d0093486_20245495.gif


                                            
ところで。
今朝は登校時間をずらす学校も多かったのではないでしょうか?

わたしもNeoの学校からいつ連絡が来るのか、とここ1~2週間毎日気になっていました。
が、一向にその件に関する手紙をもらってくる気配がなく。
「先生から何も言われてない?学校遅れて行く、とか?」とNeoに聞いても「さあ?なんにも」の返事。

今朝も日食のピークが過ぎた7時45分(いつもNeoが家を出る時間より5分遅く)、それにしても通りに小学生の姿が全く見えないことに疑問と不安を感じるわたしを置き去り、Neoは登校していきました。

実は8時まで家に居てよかった。

と知ったのはそれから25分後、友達がNeoと一緒に登校しようと訪ねて来た時のことでした。
案の定、Neoは先生の話を全く聞いていなかったようです。

ヤレヤレ・・・・・というか、やっぱりね。

ま、遅刻するよりいっか♪
と笑えたのは、わたしが日食観測後のゴキゲンな状態だったからだと思います。


 イラスト作:うしちこ母
[PR]
by cozy0924 | 2012-05-21 20:07

なぜ?なぜ?どうして?

d0093486_1633711.jpg

うちのペット、金魚のダー君です。

名付け親はNeo。
dark(ダーク)に由来しています。
それは、この子にぴったりの名前でした。
今日の朝までは・・・

信じられないかもしれませんが、ダー君は今朝までは真っ黒い金魚でした。

去年、お祭りの金魚すくいでわが家にやってきた金ちゃんは赤い金魚。
1匹じゃ寂しいから、もう1匹。どうせなら違う色がいいよね。
・・・と買ってきたのがダー君だったのです。

今週のあたま、金ちゃんの尾びれの先がイビツになっていることに気づきました。
尾腐れ病です。
こうなったら、隔離して薬浴してあげる必要があります。
(偉そうに書いているけれど、わたしも詳しくないのでネットで検索しまくりなのです)

そこで隔離ついでに、新しい水槽を買うことにしました。
今までの水槽、どうもエアレーションの調子がおかしいし、ちょっと手狭だったし・・・
そっちはこんな場合専用の水槽に充てることにして、新しい水槽を彼らの新居にしたってわけです。

昨日、早速ダー君だけを新居に移しました。
いきなり新しい水にポチャンと入れるとビックリして死んじゃうかもしれないから、とお水の温度にも気を使いつつ、時間をかけて少しずつ慣らしながら移したつもりです。

でも、なんとな~く、直後から動きが鈍くなったような気がしていました。
今まで金ちゃんを追っかけまわして(夫はそれをイジメと呼んでた。笑)遊んでたのに急に相棒の姿が見えなくなって寂しいのかな?とか、水槽がちょっぴり深くなったから水圧の関係?とか、少し気になってはいたんです。

でも、今朝は普通に餌も食べてくれたし、その時はいつもと変わらず真っ黒だったし。
まさか、たった数時間のうちに金色になってしまうなんて・・・

調べてみたところ、底砂が白かったり水槽内が明るかったりすると金魚の色も薄くなるという説や、急激な環境(水)の変化によるストレスが原因って説や、成長に伴って色は薄くなるものだって説もあって。
でも、まぁ昨日の今日なので、この場合は成長過程というより、やっぱりストレスなのかな、と。
もしかして金ちゃんがいないストレス?!

はっきりした原因がわからないままだけど・・・とにかく、かわいそうなことしちゃったな。
d0093486_16591166.jpg

今までヒラヒラ優雅に漂ってた尾びれや背びれの存在感がなくなってしまった今、なんだか細~くなっちゃったように見えるダー君。

ホントにごめんね~。
色はもう戻らないのかな。
もしそうだとしても、とにかく元気でいてくれますように。
[PR]
by cozy0924 | 2012-05-18 17:24

イマドキの体重計

d0093486_1637914.jpg

久々の更新で、こんな話題もなんですが・・・

体重計を買い換えました。
いやいや、イマドキの体重計はすごいです。ビックリしました。
ほいって乗るだけで自動で個人を認識して測定してくれるんです。
登録番号を選ぶどころか、電源さえ入れる必要がないんですよ。
し・か・も!!!
体脂肪率はもちろん、BMI・筋肉量・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢までもが表示されるんです。
(もっと新しいのだと、骨量も分かったりするらしい!)

知らない間にこんなにも進化してたんですねー。
ちなみにもう「体重計」ではなく「体組成計」と呼ぶそうです。
なるほどー。

おもしろいので、今日はNeoと交代で何度も何度も乗ってしまいました。
ハイ、何度乗っても測定値は同じなのですが(笑)

d0093486_1705937.jpg


これだけ色んな値を見せられると、なんとなく「もっと食事に気をつけよう」とか「身体を動かそう」って気にさせられます。
なーんて書くのは、ちゃんと結果を出してからにした方がいっか。

でもね・・・わたしの体内年齢、実年齢より9才も若かった!
これも一日に何度も乗ってしまった理由のひとつです。
表示される体重に多少の不満はあるものの・・・(まぁ、これは自己責任ですからね)
わたしをゴキゲンにしてくれる体重計もとい体組成計、サイコーです♪♪♪

d0093486_17123599.jpg

話は変わりますが・・・

血の繋がりっておもしろい!と思う瞬間。
d0093486_1732493.jpg


Neoは夏休みに入ってからというもの、すっかりお寝坊さんです。
[PR]
by cozy0924 | 2011-08-09 17:20

わたしにできること

d0093486_16104891.jpg

大地震から1週間が経とうとしています。

震度6という揺れを初めて経験し、直後は家族に連絡を取ろうと携帯を持つ手もガタガタ震えました。
が、幸いわが家は家の中のものがいくつか落下して壊れただけで済みました。
家族全員、ケガもなく無事でした。

計画停電の影響で、電車通勤の夫は少し苦労しているようです。
小学校では給食が中止になり、Neoはお昼12時過ぎには帰ってくるようになりました。
ほんの少し地震の影響はあるものの、自分の家でごはんを食べ、お風呂に入り、清潔な服を身に付け、暖かい布団で眠ることができているわたし達は本当にしあわせです。

nanaのおむつを替える度に思います。
「避難所で暮らしている赤ちゃんのおむつはどうしてるんだろう。ちゃんと足りてるのかな」

大好きなコーヒーを飲む時、子供たちにおやつを与えている時は少し心苦しい気持ちになります。

今、わたしにできることは些細で簡単なことばかりです。

まず節電。
エアコンは使わなくても厚着すればなんとかなるものです。
温水便座のスイッチは切って、便座カバーを被せました。
お湯を沸かしたら魔法瓶に入れて保温しています。
料理もあまり時間をかけずに出来るものを、と心掛けています。
こうしてブログを更新しているのは、節電に反するのかもしれませんが・・・

お買い物には行っていません。
今スーパーはすさまじい状況みたいですね。
首都圏での買いだめが被災地への方たちへの支援の妨げとなっているそうです。
しばらくは家にあるもので!と冷凍庫や戸棚の中をチェックしてみると、案外ストックが多いことに気付かされました。
今まで無駄に買いすぎていたのかもしれません。

それから募金。
今は出かけなくてもインターネットで募金ができるのが有難いですね。
わたしはこちらのふたつのサイトから、少しずつですが募金させていただきました。

東北地方太平洋沖地震の被災者義援金(楽天銀行)
「東北地方太平洋沖地震」の義援金のお願い(ポンパレ)

今まで当たり前だと思っていた日常生活がすごく愛おしいです。
わたしがそうしたところで被災地の方たちには何の助けにもならないことは承知の上で、毎日を大切に丁寧に暮らしたいと思う今日この頃です。
[PR]
by cozy0924 | 2011-03-17 17:33

日曜の夜の大騒動

少し前・・・こないだの日曜日の夜の出来事なんですけどね。

夕食が終わってひと段落、お皿を片づけ始めた時のことです。
突然、換気扇からバタッ!バタタタ!バタタタタタタ・・・
って、そこからは聞こえるはずのない音が!

「いやぁぁだぁぁ、なっ、なんかいる!換気扇になんかいるっ!!!!」

電球の取替えも重たい家具の移動も日曜大工も自分でやっちゃう男前なわたしだけど、こういう分野はダメ。
ゴキブリとかね。ましてこの場合、相手の正体不明だし・・・ねずみ?鳥?無理無理無理無理・・・
ここは本物の男に任せて、避難だっ!

ぎゃあぎゃあ騒ぐだけのわたしに対し、夫はとっても冷静。
「ここ開けて下から出すしかないな。ねお、網持ってきて」とテキパキ指示を出します。
「写真撮っといて」という余裕さえ見せて(笑)

夫、虫捕り網を持って格闘!の図。
d0093486_1221995.jpg

得たいの知れない音の正体はスズメでした。
外側から迷い込んでしまったようです。
そんなことってあるんですね・・・

d0093486_1210278.jpg

格闘の末、無事に保護されたスズメちゃんは、夫が網から外してあげると元気に夜空へと飛んでいきました。

めでたし、めでたし♪

いや~、でもコレが日曜で良かった。
夫がいてくれてホント良かった。
一家の大黒柱の存在に改めて感謝した夜でした。

以来、換気扇を回すたびにちょっとまだドキドキしてしまう、男前改め乙女なわたしです(笑)
[PR]
by cozy0924 | 2010-11-04 12:35

新年早々

                 あけましておめでとうございます。
                 今年もよろしくお願いいたします。
d0093486_1138480.jpg

「今年一年も家族みんな病気や怪我をせず、平和に暮らせますように・・・」
初詣でそうお願いしたばかりだったのに、ちょっとした怪我をしてしまった。

Neoの部屋に届いたばかりのロフトベッドを左手で持ち上げ、右手で下に敷かれたラグをずらそうとした際に左肩甲骨の下がピキッ!と。
もちろんずっしり重いロフトベッドが片手で持ち上がるはずもなく・・・
後で考えたらずい分無謀でおバカな試みだったのだ。

最初は「筋を痛めたかな」くらいに軽く考え、家事育児をこなしていたのだけど痛みは日に日に強くなり、しまいには呼吸さえもつらくなる程に・・・
もしかして肋骨にヒビでも入った?!と整形外科で診てもらった結果「肉離れですね」と。
肉離れってスポーツ選手がよくやる?
へぇ~、脚だけじゃなく背中も肉離れってするんだぁ・・・とひとごとのように驚いた。

処方された湿布薬が多少効いているのか、今は呼吸もラクにできるようになった。
が、ななりを抱きかかえたり、腕を伸ばしたり、寝返りを打つ時にピキッと引きつったような痛みが走る。
先生に聞くのを忘れてしまったけれど、全治・・・どれくらいかかるのだろう?

病気や怪我をすると、健康の有難みを身にしみて感じるものだ。

もう無茶はやめよう。
何でも自分一人でできるなんて思っちゃいけない。

新年早々、いい勉強になった。
[PR]
by cozy0924 | 2010-01-09 23:08

日々の出来事や趣味のインテリア&ハンドメイドのこと。


by cozy0924